ATカーニー

A.T. カーニー(A.T. Kearney)

A.T. カーニーの強み・特徴・企業研究・評判

A.T. カーニー(A.T. Kearney)は、アメリカ合衆国・シカゴを本拠とする、世界的な経営コンサルティング会社である。従業員数は約3000名(国内:約150名)と少数精鋭で運営されている。一般的に「カーニー」と略称されることが多い。日本では、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野において、コンサルティングを行う。設立は1926年で、社名は創業者のアンドリュー・トーマス・カーニーに由来する。現在、世界40カ国に、60のオフィスを構えている。1926年に「カーニー&マッキンゼー」という一つのファームから、オペレーションに重点を置くA.T. カーニーと戦略に重点を置くマッキンゼー・アンド・カンパニーに分かれる。

アメリカ国外に拠点を開設したのは、1956年のデュセルドルフが最初である。1995年、情報サービス企業であるエレクトロニック・データ・システムズ(EDS)の傘下に入るが、2006年に経営陣によるマネジメント・バイアウト(MBO)によって独立した。現在、グローバルに展開する戦略系コンサルティングファームとして知られている。世界的にはフォーチュン誌の企業トップ100070%をクライアントとして抱えているとも言われている。採用実績大学・学歴に関しては非公開であるが在籍コンサルタントの経歴を基に考察すると、主に東京大学や京都大学、一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、海外有名大学の出身者が大半を占めていることが分かる。新卒の採用人数も一桁といわれており入社難易度に関して難関な企業の一つとなっている。そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。

A.T. カーニーの特徴「戦略提案だけでなくその実行までコミット」

A.T. カーニーは「目に見える成果にこだわる(Tangible results)」という信念のもとコンサルティング活動を行っている。戦略系のコンサルティングファームは一般的に戦略の提案まででサービスを終了する企業が多いが、A.T. カーニーの場合は提案だけに留まることなく、その実行支援までコミットすることを重要視している。クライアント先を定期的に訪問することは少なくハンズオン形式で常駐するため、A.T. カーニーのコンサルタントほど長い期間をクライアントと共に過ごすファームは少ないといわれている。

■A.T. Kearney Vision 2020

A.T. カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の経営戦略コンサルティングファームです。 全世界40カ国61拠点に約3,500名のグローバルネットワークを擁し、高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとして、あらゆる産業分野のグローバル企業や各国大手企業に、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。 日本国内においても金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い分野で、顧客への貢献という強い決意のもと活発な活動を行っています。

情報源: A.T. カーニー(株) - 採用ページより

A.T. カーニーの年収・平均勤続年数・福利厚生等

外資系コンサルティングファームの多くは日本支店という形をとっており、日本で上場もしていないため、平均年収について公開情報がありません。そのため、独自の調査による推定値をいかに記載します。実際に支払われている給与水準と大きな乖離が存在する可能性も否めませんので、本サイトの情報は参考程度に留めて下さい。年齢は関係なく、役職・ポジションによって給与が決定されるようです。

シニアビジネスアナリスト職 900万円
アソシエイト職 1200万円
マネージャー職 1800万円
マネージャー職 2000万円
プリンシパル職 2500万円
パートナー職 5000万円以上

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。