三菱重工

三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)

三菱重工の強み・特徴・企業研究・評判

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱金曜会に属する日本の企業。主な製品は、航空・宇宙機器、船舶、発電プラント、環境装置、産業用機械、エアコンなどの製造・販売・エンジニアリングなどである。防衛省への納入実績第一位の企業であり、戦闘機・ヘリコプター・イージス艦を含む護衛艦・戦車などを製造している。また、鉄道車両(電気機関車・懸垂型モノレール・新交通システム・LRVなど)の製造、さらにエアコンや事業所向け大型冷凍機、産業向け工作機械、ETCシステムの製造でも知られる。このように、三菱重工は、BtoCにあたるエアコン事業から、BtoBにあたる発電プラントなどの社会インフラ、LNG輸送船、豪華客船、航空機などの輸送機器、大型ロケットなどの宇宙機器に至るまで、世界中の人々の生活を支え、産業活動の基盤となる様々な製品を提供している。

■三菱重工会社紹介動画

三菱重工の強み「防衛・宇宙事業という参入障壁が高い分野に強い」

日本で戦車を生産している唯一のメーカーは三菱重工業であり、三菱重工は国策事業である防衛事業に強みを持つ代表的な企業である。防衛・宇宙事業は、防衛航空機、艦艇、特殊車両等の陸・海・空の防衛事業と、宇宙事業を統合するドメインである。三菱重工では、国内の領空防衛の最前線で活躍するF-2戦闘機、領海防衛の護衛艦・潜水艦、陸上防衛の10式戦車など、自衛隊で用いられる各種機器をほぼ独占的に供給している。

このような、防衛・宇宙事業で培った技術の賜物が国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)である。三菱重工業ば、「零戦」(零式艦上戦闘機)を開発したことで有名である。。2008年の全日空からの受注を受け、三菱航空機として事業を子会社化し、「MRJ」の開発・製造が進められている。

■日本国産ジェット旅客機MRJ初フライト着陸動画

三菱航空機公式ページによると、世界最先端の空力設計技術、騒音解析技術などの適用と、最新鋭エンジンの採用により、 「MRJ」では大幅な燃費低減を実現するとともに、騒音、排出ガスも大幅に削減することが可能だという。

三菱重工の注目ポイント「家電事業を日立製作所と統合する素早い決断力」

三菱重工業と日立製作所は2014年2月より火力発電所のインフラ事業の統合を行い、三菱日立パワーシステムズ株式会社(みつびしひたちパワーシステムズ、英: Mitsubishi Hitachi Power Systems , Ltd.)を設立している。出資比率も日立の35%に対し、三菱重工が65%となり三菱重工色が強い企業となっている。この両者の火力発電事業の統合の背景には、①火力発電事業の顧客である東日本大震災による電力各社の経営悪化、②米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスなどの国外の強大な競合と規模の面で渡り合えるようにする、という二つの理由が存在する。

2015年度には、ゼネラル・エレクトリックとシーメンスのシェアが高い欧米やアフリカのシェアを三菱日立パワーシステムズが積極的に奪いにいっている戦略を採っていることは有名である。日立製作所は欧州・アフリカ地域に高いシェアを持ち、一方の三菱重工は東南アジアや中東に強みを持っているため補完関係にもあり、互いの事業が統合後も高いシナジー効果を生んでいる。

■三菱日立パワーシステムズ会社紹介動画

―陸・海・空、そして宇宙。ものづくりで世界を変えていく― 三菱重工では、生活に密着したエアコンから、発電プラントなどの社会インフラ、LNG輸送船、豪華客船、航空機などの輸送機器、大型ロケットなどの宇宙機器に至るまで、世界中の人々の生活を支え、産業活動の基盤となる様々な製品を提供しています。その製品数は700種類以上。陸・海・空から宇宙まで広がる壮大なビジネスフィールド、そして世界に誇る最先端の技術力とたしかなものづくりで社会を支えるビッグビジネスをグローバルに展開しています。

情報源: 三菱重工業(株)(事業会社4社を含む) - 採用ページ

募集職種

■事務系職種
営業、企画、総務、人事、法務、経理、資金、調達など
■技術系職種
研究・開発、設計、製造技術、生産管理、品質保証、現地建設、システム開発など

三菱重工の年収・平均勤続年数・福利厚生等

平均年収 802.2万円
平均年齢 38.9歳
平均勤続年数 16.3年
従業員数 21117人

※データは有価証券報告書を参照

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。