日産自動車

日産自動車(Nissan Motor Co., Ltd.)

日産自動車の強み・特徴・企業研究・評判

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英称:Nissan Motor Co., Ltd. )は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は「日産 (NISSAN) 」。フランスの自動車製造大手ルノーとアライアンス関係である。日産の人気機種には、GT-Rやセレナ、マーチ、ノート、キューブ、フェアレディZ、ティーダ、エルグランド、エクストレイル、デイズ、ティアナ、ジューク、フーガなど他にも多数の車種が存在する。

現在では日本自動車業界2位の日産ではあるが、一時期、継続的名販売不振により危機的状況に追い込まれ約2兆円規模の負債を抱え倒産の危機に瀕していた。その際にフランスの自動車メーカーであるルノーと資本提携を結び、傘下に入ることで更正を図る算段となった。企業再生案を実施する際には、カルロス・ゴーン(ルノー取締役会長兼CEO(PDG)かつ日産自動車社長兼最高経営責任者(CEO))の指導の下、大規模なリストラが行われ血を流したものの見事復活を遂げ、現在の日産自動車に至っている。

■矢沢永吉 CM 日産 「宣言」篇

リーフ搭載機能の一つ、「LEAF to HOME」では、一般住宅に直接接続しコネクターを日産リーフの充電ポートへ接続することでリーフに蓄えられた電気を住宅へ供給することが可能。逆に、リーフへの充電も行なえる。このような機能は震災等で起こった停電時にも大いに活用できる。

日産自動車の特徴①「電気自動車事業リーフに力を入れている」

日産自動車は日本国内でも特に電気自動車事業に経営資源を集中させている自動車会社であるといえる。カルロス・ゴーン社長の下、2010年により電気自動車リーフ(LEAF)を販売することで電気自動車事業を世界規模で展開している。車名の「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が光合成を通して大気を浄化することから電気自動車であるリーフにふさわしいということで車名に選定された経緯がある。

電気自動車事業の競合としては、テスラモーターズ、三菱自動車、BMWなどがある。国内最大の自動車会社であるトヨタ自動車は電気自動車事業にも力を入れる一方で、水素を用いた燃料電池自動車事業に注力している。今後は、世界的な検索エンジンで知られる企業GoogleやIphoneで知られるApple、中国・韓国等の新興企業などの電気自動車事業への参入が予想され、競争が激化することが推測されている。

■the story of NISSAN Technology 電気自動車技術篇

日産の特徴②「カルロス・ゴーン氏の経営手腕が優れている」

日産自動車の社長であるカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏は日産を甦らせた男といわれるほどの優れた経営能力を持っているといわれている。。フランスの工学系グランゼコールの一つであるパリ国立高等鉱業学校を卒業した後、フランス大手タイヤメーカー、ミシュランに入社し18年間在籍。同社での業績を評価され、ルノーに上席副社長としてスカウトされる。その後、当時経営と財政危機に瀕していた日産がルノーと資本提携を結んだ際に、ルノーにおけるポジションを維持しつつ、日産の最高執行責任者(COO)に就任。現在では、ルノー取締役会長兼CEO(PDG)かつ日産自動車社長兼最高経営責任者(CEO)となっている。

■外国人社長が日本で成功する秘訣とは? カルロス・ゴーン日産CEOに聞く

カルロス・ゴーン氏といえば、高額な役員報酬で毎年話題を呼んでいることで有名である。日産自動車の2014年度の役員報酬総額は14億6000万円であり、この額の中で占めるゴーン社長の役員報酬額は10億3500万円となっており全体の約7割を占める。このような報酬額は日本国内では一般的ではないために(トヨタ自動車社長の役員報酬は約2億円規模)、バッシングや非難を受けることが多いが、カルロス・ゴーン氏は外部機関からの評価結果からも妥当なものであるとしている。

日産自動車の年収・平均勤続年数・福利厚生等

平均年収 776.7万円
平均年齢 42.7歳
平均勤続年数 20.4年
従業員数 22614人

※データは有価証券報告書を参照

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。