ルネサスエレクトロニクス

ルネサスエレクトロニクス(Renesas Electronics Corporation)

ルネサスエレクトロニクスの強み・特徴・企業研究・評判

ルネサスエレクトロニクス株式会社(英語: Renesas Electronics Corporation)は、大手半導体メーカー。三菱電機および日立製作所から分社化していたルネサステクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって2010年(平成22年)4月に設立された。業績悪化のため、産業革新機構と、トヨタ自動車や安川電機など民間8社から計1500億円の出資受け入れを決め、経営再建を目指している。社名に冠する『Renesas』は、あらゆるシステムに組み込まれることで世の中の先進化を実現していく真の半導体のメーカーとして「Renaissance Semiconductor for Advanced Solutions」を標榜して名付けられたものである。「車載制御」「車載情報」「産業および家電」「OA & ICT」「汎用品」という 5 つのアプリケーション製品群を事業の柱にグローバルなビジネス展開を行っており、車載マイコン事業では世界シェア No.1 となっている。

ルネサスエレクトロニクスの特徴「マイコンで世界シェアNo.1」

マイコンとは、電気製品を制御する半導体チップのことであり、人間の器官に例えれば、頭脳に相当するといわれている。ルネサスエレクトロニクスでは、マイコンを中心にアナログ&パワーデバイスからシステムLSIまでと幅広い半導体事業を扱っているために、技術力を統合したソリューションを顧客に提供することが可能となっている。ルネサスエレクトロニクスは、「自動車」「産業・家電」「OA・ICT」の3分野における半導体事業に経営資源を集中させており、その中でも特に自動車向けのマイコン事業にて世界シェアNo.1を誇っている。スマートフォンだけでなく電気自動車の自動運転をはじめとした制御にも欠かすことができないマイコン事業のニーズは無限大ともいわれている。

ルネサスエレクトロニクスの特徴「リストラによる赤字体質の改善」

ルネサスエレクトロニクスでは、過去に多くの人員削減・リストラ、生産工場の再編を行うことで積極的な構造改革を行っていることで有名である。ルネサスエレクトロニクスは、NECを母体とするNECエレクトロニクスと三菱電機、日立製作所から分社化したルネサステクノロジが統合して誕生したが、当初から過剰な人員と設備を抱えていると言われていた。以下にルネサスエレクトロニクスの従業員数の推移を示す。

2011年 46630名
2012年 42800名
2013年 33840名
2014年 27201名
2015年 21083名

※データは有価証券報告書を参照

■「ルネサスエレクトロニクス」が従業員5400人削減へ

このような痛みを伴う構造改革により、ルネサスエレクトロニクスの経営基盤は強固なものになったといわれている。事実、ルネサスエレクトロニクスの2015年度3月期連結決算は最終損益が824億円の黒字となり、2010年4月の設立以来初の黒字を記録したことは世間でも大きな話題を呼んでいる。 半導体事業はかつて“産業のコメ”と呼ばれ日本国内の産業の中枢であった。しかし、近年では韓国、中国、台湾といったアジア系の新興国にコスト競争・価格競争で利益を生み出しずらい市場環境となっている。日本国内の半導体事業を背負っているルネサスエレクトロニクスの躍進に期待である。

 

【日の丸を背負う―――『ルネサス』の半導体】 世界に誇る半導体製造技術を駆使し、「自動車の自動運転」の実現に向けて日々技術を磨いております。また、ホーム、オフィス、ファクトリーそして街などが繋がり合い、人々がもっと快適に安心して暮らせる社会の実現に向け、ルネサスの半導体ソリューションは、さまざまなインフラやシステムの高度で急速に拡がるネットワークを支援し、お客様やパートナー様とともにスマートな社会を実現して行きます。

情報源: ルネサス グループ - 採用ページ

ルネサスエレクトロニクスの年収・平均勤続年数・福利厚生等

平均年収 868.2万円
平均年齢 44.2歳
平均勤続年数 11.1年
従業員数 2887人

※データは有価証券報告書を参照

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。