コンサルティング業界

日本経営システム(Japan Magement Systems, Inc.:JMS)

日本経営システム(JMS)の強み・特徴・企業研究・評判・就職偏差値・採用実績大学

日本経営システム株式会社(英文社名:Japan Magement Systems, Inc.)は、1970年に日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)の経営研究部を母体に設立された経営コンサルティング会社である。日本経営システムの従業員数は約80名と非常に少数精鋭で運営されている。設立から現在まで約2,000以上のプロジェクトで得た知見と独自の手法を活かし、幅広い業種・テーマでのコンサルティングを実施している。日本経営システムの設立母体であるみずほフィナンシャルグループ(旧日本興業銀行)とも緊密に連携し、重要な経営コンサルティング機能を担いつつも、公正な第三者としての立場を堅持している。月刊誌「経営シリーズ」を 創業時から発行し、上場企業の過半のトップマネジメントに知られ、極めて多くの経営者、経営幹部に読み継がれている。

日本経営システム設立母体の日本興業銀行(英称:The Industrial Bank of Japan, Limited、通称:興銀)は明治維新後の重工業の発展や第二次世界大戦後の復興と高度経済成長を金融面で支えたことで有名であり、現在のみずほ銀行の前身である。日本興業銀行は東京大学出身者を中心としており、東大以外の国私立大学からは各数名しか入れないと噂されるエリート集団として有名。日本興業銀行の出身者としては、現みずほフィナンシャルグループ社長の佐藤康博氏や楽天株式会社創業者の三木谷浩史氏が有名である。

■The Industrial Bank of Japan(日本興業銀行)

日本経営システムの採用実績大学・学歴に関しては在籍コンサルタントの経歴を基に考察すると、主に東京大学や京都大学、一橋大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学の出身者が大半を占めていることが分かる。採用ページによる公開データによると採用実績上位5校は、東京大学・大学院、一橋大学・大学院、東京工業大学・大学院、慶應義塾大学・大学院、早稲田大学・大学院となっている。この学歴水準は外資戦略系のコンサルティングファームと同水準であり、新卒の採用人数も1~5名程度といわれているため入社難易度に関して非常に難関な企業の一つとなっている。外資戦略系以外の同程度の難易度の日系経営コンサルティングファーム・シンクタンクにはドリームインキュベータ(DI)、コーポレイトディレクション(CDI)、経営共創基盤(IGPI)、NTTデータ経営研究所、三菱総合研究所(MRI)、野村総合研究所コンサルティング部門(NRI)等が存在する。そのため、就職偏差値ランキングでも上位に位置している。

日本経営システム(JMS)の特徴「ゼネラルコンサルタントによる徹底した協同作業」

日本経営システムのコンサルタントは特定の専門領域に特化することなく、戦略立案や人事制度設計、事業再生、新規事業開発、組織・風土改革、業務改革・情報システム、マーケティング、生産・物流など非常に幅広い領域に精通し、クライアント企業の経営課題解決の支援を行うことを求められ、ゼネラルコンサルタントであることが求められることで知られている。クライアント企業の業種や規模も、製造業から流通・サービス業等の様々な業種に渡り、大企業から中堅、ベンチャー企業まで規模を問わず幅広く対応している。日本経営システムのコンサルタントは顧客企業に常駐することでプロジェクトの掛け持ちをせず、一つのプロジェクトに完全専従しクライアントとの協同作業を重視したコンサルティングスタイルを採用している。

このような常駐かつ専従という独自のコンサルティングスタイルは、クライアント企業の課題解決を最重要視した利益重視ではないコンサルティング形態ともいえる。顧客企業に寄り添った経営コンサルティングスタイルの結果として、顧客企業から繰り返し注文を受けるリピート率は8割を超えているという。上述の独自のコンサルティングの姿勢を徹底追及する意味もあり、新卒採用のみを行い中途採用を基本的には実施していないといわれている。また、「Up or Out(昇進するか、さもなくば去れ)」が基本方針となっている外資系の経営コンサルティングファームとは大きく異なり、「一人の例外もなく優れたコンサルタントに育てる」という独自の人材育成方針を掲げていることも大きな特徴の一つであるといえる。

1970年に日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)の経営研究部を母体にして設立した、中立的な経営コンサルティング会社です。 経営戦略の構築から運用の仕組みづくりまで、経営者のさまざまなニーズにお応えします。経営コンサルタントとして身につけてる経験もお役に立ちますし、第三者としての公正さも持っています。既成概念にとらわれず、具体的で革新的な提案をします。 提案を実施定着させるためには、社内の足並みを揃えることが何より大切と考えています。このため創業当時からご依頼先との徹底した協同作業を実践しています。 おかげ様で約40年、1,000社を超える経験を重ねることができました。この間広く企業や公共機関のお手伝いをしてきましたが、繰り返しご注文をいただいている先が8割をこえています。 「つねにすぐれた経営システムを開発し社会の進展に貢献する」これが日本経営システムの基本方針です。

情報源: 日本経営システム(株) - 採用ページより

日本経営システム(JMS)の年収・平均勤続年数・福利厚生等

公式の公開データを発見できないため、独自の調査結果を記載します。年棒制ではなく月給制を採用しており、初任給は大学院卒で282,000円、学部卒で247,000円となっており非常に高い水準となっています。 時間外勤務手当、通勤手当、出張手当、家賃補助等の諸手当もあり、賞与も年に二回支給されるようです。平均勤続年数15年以上、完全土日祝休みとなっているようです。

平均勤続年数 15年
従業員数 80名

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。