鴻海に買収されたシャープ、7000人規模のリストラ・人員削減か

台湾企業・鴻海の傘下に入ったシャープは最大7000人をリストラするという噂が流れている。シャープは昨年8月に、45~59歳の国内社員を対象に募集していた希望退職が3234人になったと発表し、結果として昨年9月には3200人が希望退職。その後も日本電産への流出が相次いでいる。その上、さらに社員を削るのである。電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、台湾の鴻海に買収されることになったシャープ。シャープの連結従業員数は4万3511人にも上る。その16%にあたる人員の削減は大きな経営判断である。45歳以上が対象だったが、20~30代の退職も目立つ。

買収後の5月12日に発表された決算概要資料では、「グローバルで最大7000人程度の人員削減」という文言が明記され、騒動となった。もし実現されれば、4万4000人いるシャープ社員の実に16%が職を失うからだ。「腐った卵しか産まない鳥は不要」、6月22日、台湾で開かれた鴻海の株主総会。郭台銘董事長はこんな過激な発言でシャープの追加リストラ策を示唆した。さらに「信賞必罰の制度を取り入れる」(郭董事長)方針で、鴻海流の人事制度をシャープに導入していく。

「シャープ7000人削減の可能性が」買収の鴻海副会長

シャープで、7000人規模の人員削減が検討されていることが分かりました。 シャープを傘下に収めた台湾メーカー「鴻海(ホンハイ)」の戴正呉副会長は22日、シャープで7000人程度の人員を削減する可能性があると述べました。

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。