ジョブホッパー

ジョブホッパーの特徴・意味は?転職は何回まで成功する!?

■ジョブホッパーの意味・定義
転職を繰り返す人を指す言葉に「ジョブホッパー」というものがある。ジョブホッパーの語源にはジョブホッピングがあり、技能や賃金の向上を求めて転職を繰り返す行為が基になっている。「三回以上の転職経験がある人、四回以上の転職経験がある人というように回数でジョブホッパーと認定してしまう場合」、あるいは、「一定の年代の内に一定回数を超えている人(例えば20代のうちに3回以上等)」等々をジョブホッパーとして指す場合が多く、ジョブホッパーの明確な定義は存在していないのが実情である。

上述の通り、ジョブホッパーの明確な定義は存在しないものの、転職市場では低い評価を受けてしまう傾向にある。人材の流動化が進む日本国内の転職市場でもこのようなジョブホッパーを低く評価する傾向は企業規模が大規模なものになればなるほど強くなり、また外資系企業よりも日系企業のほうがジョブホッパーを敬遠し不採用にする傾向があるともいわれている。

■ジョブホッパーの特徴・理由

 ジョブホッパーが転職の理由に挙げる事項・特徴として以下のようなものがあるので列挙しておく。

①仕事に対してやりがいを感じず、自分がやるべき仕事ではない

②人間関係が上手くいかず、社風にも馴染めない

②給料が安く、労働時間に見合っていない

 

ジョブホッパーになる人の特徴に完璧主義者が多いことが挙げられる。「自分ならもっとスケールの大きな仕事をしているべき」、「自分ならもっと社内でも尊敬されるポジションを勝ち取っているべき、評価制度に問題があるだけ」、「自己の能力や出身大学を考慮すればもっと高い給料を貰っているべき」等々、挙げれば切りが無いが、「~であるべき」という完璧主義者特有の考え方が勤務先への不満を増幅させ、転職という行動へ繋げているケースが多くみられる。補足しておくが、このような完璧主義的考え方が決して悪いわけではない。目標が明確であり、実績・能力が伴っているのならば完璧主義者のキャリアは素晴らしいものになる場合が非常に多い。

■ジョブホッパー(転職複数回経験者)が採用にて低く評価される理由

ジョブホッパー2

①会社へのロイヤリティが無く、採用してもすぐに他社へ移ってしまう可能性が高い

採用後に長期間勤務してもらえるかどうかは採用担当者、採用される側のどちらにも判らない未来のことである。このような将来のことを予想する指標として過去に勤めていた会社の勤続年数を採用する採用担当者が多い。このような考え方は、決して非論理的な思考ではなく合理的な考えだといえる。なぜならば、採用に要するコストも近年上昇傾向にあるだけでなく、育成に要したコストまでも無駄になってしまうからだ。しかし、参考にする指標が過去の勤続年数だけでよいのだろうか?ジョブホッパーの採用に関して、特に過去の勤続年数の長さが重要視され、個人のパフォーマンス(実績や資格、性格)や転職理由等の指標が特に日本国内の転職市場では軽視されている傾向にあることは否めない。

 ②キャリアに一貫性がない

ジョブホッパーといっても筆者は大きく二種類に分けることが可能であると考えている。一つは、キャリアに一貫性があるジョブホッパー、もう一つはキャリアに一貫性が無いジョブホッパーである(前者をキャリアビルダーという別の言葉を用いて肯定的に説明する場合もある)。特に前者の市場価値は外資系企業(金融、経営コンサル等)にとっては非常に高い。彼らは、転職を繰り返す中で自分に足りない専門領域を明確化し、足りないスキルの獲得のために転職を実行している。一般的には、転職市場では転職回数が増えるに従って市場価値が落ちていくと言われているが、キャリアに一貫性があるジョブホッパーは例外の存在と言ってよい。逆に、キャリアに一貫性がなく、人間関係や激務を理由に転職を繰り返す人材は転職市場価値が落ちていくことは間違いない。

■ジョブホッパーになるのではなくキャリアビルダーを目指すべし

キャリアデザイン

筆者が転職に関して相談に乗る場合に必ず述べている言葉は「ジョブホッパーになるのではなくキャリアビルダーになること」である。キャリアビルダーは、将来の時間軸に沿って獲得したいスキルを明確化し、そのスキルの獲得のためのツールとして転職を行う。逃げの手段として転職を選ぶことは決して間違いではないが、あくまで理想はキャリアビルダー的キャリアデザイン思考である。キャリアに一貫性がある人材は採用担当者に好印象を与え、転職を繰り返す度に年収・待遇アップを実現している人が非常に多い。

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。