転職

こんな言葉を聞いたことはないだろうか?「転職には年齢の壁がある」だとか「転職35歳限界説」だとか「転職40歳限界説」だとか・・数え上げれば聞いたことないが、様々な噂が転職市場を駆け巡っていることは事実だ

このような噂には、転職仲介業者が関係している。彼らは、若い年代の別の会社での活躍の可能性を煽り、また中堅層以上の将来の危機感を煽る。このような噂を流し、一般化することで、人材の流動化が促進され、転職仲介業者が儲かるという構図だ。

しかし、転職を考えている人が本当に知りたいことは「転職に有利な年齢」と「転職に不利な年齢」のたったの二点だけのように感じる。本記事では中立的な立場で、様々な情報を基に、転職年齢限界説や転職に有利な年齢、不利な年齢等に関して調査を行う。

以下に、大手転職サイト「DODA」が自社運営のサービスを利用して転職を行った人を対象に転職年齢に関して男女別に分析を行った結果があるので一部を引用しよう。

■転職成功者の平均年齢は32.3歳、男女ともに過去最高値を更新

図1.転職成功者の平均年齢推移

転職成功者の平均年齢

転職者の平均年齢は32.3歳となり、調査を開始した2007年下半期からは3.2歳アップしており、これまでで最も平均年齢が上昇する結果になりました。男女ともに過去最高値を更新しています。

図2.転職成功者の年齢割合

転職成功者の年齢割合

転職成功者の内訳を年齢別に見てみると、最も割合が高いのは「2529歳」の37.2%で、次いで「3034歳」の25.7%、「40歳以上」の15.1%が続きます。

 ポテンシャルに期待した「若手人材」だけでなく、高度な専門知識や豊富な実務経験を活かして即戦力として活躍できる「ミドル層人材」の活躍に期待を寄せる企業は増加傾向にあります。

 この先のキャリア形成を考える中で2030代前半の若手層においては、自身が仕事に求める軸が何なのかを今のうちからしっかりと見定めていくことをお勧めします。

 そして今まさに転職に臨もうという35歳以上のミドル層については、自身の得意分野や専門領域、強みなどを改めて棚卸ししていくことが、希望の転職をかなえる上で重要になってくるでしょう。

出典「転職・求人DODA(デューダ)-転職成功者の年齢調査」:https://doda.jp/guide/age

上記のデータを見てみると、男女共に転職平均年齢は上昇傾向にある。2007年時点で転職成功平均年齢が男女共に30代未満であったのに対して、今回の調査では30代を超えているという事実は、欧米のように人材の流動化が進んでいる証拠と言えるだろう。 

そして、このような転職成功平均年齢を押し上げている層は、図2「転職成功者の年齢割合」に示す「①3539歳の層」と「40歳以上」と言えるだろう。

 2007年時点で40歳以上の転職成功者は全体のたった2.5%しか存在していなかった。ところが今ではその約6倍の15%まで膨れ上がっている。この背景には、年収やスキルアップのようなポジティブなものだけではなく、日本の経済情勢の悪化によるリストラのようなネガティブな理由も存在するのだろう。

■転職を後悔している人の割合は?

「転職の成功」の定義とは一体なんだろうか?上記の図では「転職成功=内定獲得」という定義であったが、このような定義は果たして正しいのだろうか?

 そもそも、転職活動を行う意義・理由は、現職場よりも「更に良い待遇の獲得」にある。「良い待遇」とは、「年収アップ」であったり「残業時間の減少」、「人間関係の良い職場への移転」、「興味のある領域のスキル獲得」等々…、個々人によって異なるが、内定獲得だけが転職成功と捉えている人はいないだろう

 転職後の満足度に関して、大手転職サイト「転職会議」が転職先に勤務を開始してから2年以内の社会人に対してアンケート調査を行った際の結果を一部抜粋し以下に示す。

■転職者全体の4人に1人が転職に失敗!?

転職者全体の4人に1人が「転職に失敗」

転職は「成功」と感じている人が約74%いる一方で、「失敗」と感じている人が、全体の26%に登ることが判明しました。 4人に1人は転職したことに後悔しているということです。

 失敗と回答した人の過半数が、入社する前に抱いていたイメージと、入社後にわかった実態の間にギャップを感じているようです。

 さらには、入社前の会社イメージと、入社後にわかった会社の実態があまりに違うため、再度転職を検討している割合は、転職者全体の8.6%に登りました

出典「転職会議-転職に関する意識調査」:https://report.jobtalk.jp/research/detail/id=363

転職活動を行い、失敗し後悔していると考えている人が4人に1人という数値を大きいと捉えるか、小さいと捉えるかは人それぞれですが、転職活動における内定獲得はあくまでスタートラインとして考えるに越したことはないでしょう。 

転職活動を行う過程で、選考を受ける企業の情報を事前に収集し、入社前後で企業に対するイメージのギャップを埋める行為が転職失敗を回避するための有効な手法と言えそうです。

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。