長所と短所

面接で評価される長所と短所の回答例文一覧集!面接で必ず成功する答え方!

「新卒の就職活動の面接」であっても「既卒の転職活動」であっても書類選考を突破した後には必ず面接という形態の試験が待っています。 

そしてこの面接という試験では、多種多様な質問が人事から飛んでくるわけですが、人事からの質問に「自分という商品を魅力的に見せるための回答」を事前に用意しておく必要があります。 

事前に用意する?どういうこと?と思われると思いますが、面接で必ずといって良いほど聞かれる質問があります。それは、自身が自覚している性格に関する質問です。

例えば以下のような質問です。

◎あなたの長所を教えて下さい。
◎あなたの短所を教えて下さい。
◎あなたが自覚している性格について教えて下さい。
 

これらの質問に対して、自分自身の実体験の説明を交えながら長所・短所を答え無ければいけません。この自覚している性格(つまりは長所、短所)に関する質問に対する受け答え次第で面接の評価が大きく左右されるといっても過言ではありません。

■面接官が長所と短所を質問する理由とは?

そもそもの話、なんで面接官は決まり文句のように就職活動生に対して「自覚する長所・短所」を質問するのか?これには複数の理由があると言われていますが、主に以下の三つであると言われています。

①自分自身の性格を客観的に把握できている人物か判断したい:

自分の長所や短所を理解出来ている人は多いように思われますが、それは主観的で客観性が無かったり、実績や経験に基づいたものではない単なる思い込みだったりします。

②特に自身が認めている短所に対してどのような克服のための努力を実行している人物か知りたい:

どんなに優秀と呼ばれる人間であっても、会社に入り新しい環境へ入るということになれば「対応力」が求められます。

対応力とは自分の不足している部分を自助努力で補うことが出来る力です。この対応力を測定するため、短所の内容に関する質問を行い、それ加え実行中の克服方法についても確認するのです。

③長所と短所の内容からその人の能力が自社に相応しいかどうかを確認したい:

この三番目の理由しか考えられていない就職活動生が非常に多いのです。だから、素直に自分の長所と短所を面接官に答えてしまう。そんな安直な思考で優秀かつ数の多いライバルを出し抜けるわけがありません。会社の社風や希望する業務内容を踏まえた上で、長所・短所の内容を調整する必要があります。

今回は、そんな「面接で聞かれる頻度が非常に高い長所・短所に関する質問に対する理想的な回答例」について調査を行い、面接における適切な長所・短所回答集一覧として紹介します。

■短所を長所に言い換えられる回答例一覧

短所

最初に短所に関して説明しましょう。長所よりも短所に関する回答の方が高難易度なのです。

あなたが自覚している短所を教えて欲しいと面接官に聞かれた場合、あなたはどのように答えますか?

◎時間を守れない性格です。
◎人との約束を破ってしまいがちで自分に甘い性格です。
◎言葉遣いが悪いと良く注意されます。

等々

上記のような短所はどうやっても長所に言い換えることが難しいので、面接官からの評価も悪いでしょう。優秀なライバルの多い一流企業の場合ではお祈り確定です。

次に示すのが自身が自覚している短所に関する理想的な回答例です。

【短所】諦めが悪い性格、往生際が悪い性格です
 【人事】この人は辛い場面でも最後まであきらめないのではないか?
     ノルマが厳しい弊社の営業でも上手くやっていけるのではないか?
【短所】口数がとても多く、黙っていられない性格です
 【人事】誰とでもコミュニケーションが取れる社交的な性格なのではないか?
     弊社の営業や企画の業務に向いているのではないか?
【短所】こだわりが強く、一度方向を決めてしまうと周りが見えなくなってしまう性格です
 【人事】根気と継続力が要求される弊社のデータ分析業務に向いているのでは?

上の回答例文を見て、観が良い人は既に分かっている人もいるかと思われますが、面接を受ける会社の社風や業務内容によって回答内容を調整する必要があります

 例えば、上記①のような短所の回答は体育会系の社風の営業主体の会社の面接に対して有効、③のような短所の回答は、証券アナリストやプログラマー等の緻密かつ長期的な作業が要求される業務がメインの会社に対して有効です。

◎長所に言い換えられる短所を答えること
◎面接を受ける会社の特性に合わせた短所を答えること

この重要な二つのポイントさえ押さえられていれば、あなたの面接の通過率は非常に高いものになるでしょう。

それでは、自覚する短所の回答例一覧を示しましょう。

■自覚する短所の回答一覧まとめ:
【短所】融通が利かない性格
⇒【長所】流行に流されにくく一貫性がある
【短所】落ち着きが無い性格
⇒【長所】社交的で行動的
【短所】堅苦しい性格
⇒【長所】真面目で物事に真剣に取り組む
【短所】気が弱い性格
⇒【長所】協調性があり優しい性格
【短所】おせっかいな性格
⇒【長所】面倒見があり社交性がある
【短所】頑固な性格
⇒【長所】粘り強く妥協しない性格
【短所】神経質な性格
⇒【長所】几帳面で周りに気配りが出来る
【短所】理屈っぽい性格
⇒【長所】論理的に考えることが出来る
【短所】せっかちな性格
⇒【長所】行動が素早い
【短所】慎重になり過ぎてしまう性格
⇒【長所】リスクを考慮した行動が出来る
【短所】人見知りしてしまう性格
⇒【長所】人のことをよく観察し慎重に人付き合いが出来る
【短所】好奇心が強すぎる性格
⇒【長所】社内業務の知識をすぐに吸収出来る
【短所】八方美人な性格
⇒【長所】人とのコミュニケーションを円滑に行うことに努力できる人物
【短所】一人で抱え込んでしまう性格
⇒【長所】仕事に対する責任感が強い

■長所は実績・経験・エピソードとセットで面接官に説明すべし

長所

長所は自分の人生で特にアピールしたい実績や経験、エピソードとセットで面接官に説明すると良いです。

たとえば、実績や経験がセットでない場合、以下のような状態になってしまいます。

◎私の長所は粘り強い所です。
◎私の長所は一つの目標に向けて周囲の人間を巻き込むことができる所です。
◎私の長所は何にでも挑戦してみるチャレンジ精神を持っている所です。

等々

これだけでは、「理由は?本当に?具体的には?」というような面接官の質問攻めにあってしまいます。もちろん、回答の第一段階で上記のような長所の内容だけに留め、面接官から理由や具体的な実績・経験を質問されたら答えるという流れもあります。

 自分から長所を実績・経験とセットにして最初から説明した方が良いのか?あるいは、面接官の質問を待ってから実績・経験を答えた方が良いのか?この二点に関しては正直なところケースバイケースでその場の雰囲気に合わせて臨機応変に行動してください

それでは、自覚する長所の回答例一覧を示しましょう。

■自覚する長所の回答一覧まとめ

【長所】粘り強い性格
 【長所】真摯に取り組む性格
⇒【経験例】学園祭やサークルで苦境に立たされた場面での努力
【長所】リーダーシップを取れる性格
 【長所】主体性がある
⇒【経験例】サークルやアルバイトで部長等の役職を担った際の経験
【長所】企画力がある
⇒【経験例】幹事として飲み会やイベントを開くことが多い
【長所】相手の立場に立てる性格
⇒【経験例】塾講師で相手の理解度を踏まえ勉強を教えた経験
【長所】行動力がある性格
⇒【経験例】海外留学や学外における活動
【長所】課題発見力に自信がある
⇒【経験例】大学のゼミあるいは研究での実績・経験
【長所】計画性がある性格
⇒【経験例】レポート提出や友人との旅行の計画の策定経験
【長所】気が利く性格
⇒【経験例】アルバイトでの接客経験など
【長所】地道な努力を続けられる性格
 【長所】学習意欲がある性格
⇒【経験例】資格取得や受賞経験、誇れる成績をアピール
【長所】ポジティブ・前向き・プラス思考な性格
⇒【経験例】過去の自身の失敗経験から学んだ教訓を活かした経験
【長所】相談事をよく受ける性格
⇒【経験例】友人の悩みに乗ることが多く潤滑油のような役割を果たしている
【長所】体力に自信がある
⇒【経験例】サークルではなく体育会等の部活動での経験・実績をアピール
【長所】協調性がある性格
⇒【経験例】グループワークやグループ活動で意見をまとめた経験

上記の例は抽象度が高く、あくまで基本の型の例です。個々人の実際の経験や実績、エピソードを上手く当てはめられそうな長所の例を選んで、嫌味が無いように面接官に説明して下さい

新卒の就職活動や既卒の転職活動、それ以外の受験の面接においても、自身が自覚している長所・短所に関する質問の頻度は高いです。

長々となってしまいましたが、あなたの面接の通過率が少しでも高まることを祈っています

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。