ハーバード大学

アメリカMBAビジネススクールランキング比較まとめ!!費用・学費やTOEFL・GMAT難易度も必見!!

MBAの取得の際に、留学の有力な候補となる国といえば、アメリカ、そしてイギリスが主に挙げられる(近年ではオーストラリアや中国等の国も台等してきているが)。

なぜアメリカとイギリスなのか?それは、MBAの取得が可能なビジネススクールを持つ有名大学が多数存在しているからだ。今回は、そんな数あるMBA取得の際の留学候補先の中でもアメリカに焦点を当てて、有力なMBA取得が可能な大学(ビジネススクール)の比較調査を実施する。

アメリカMBAの各校の比較項目は、主要なMBA取得可能なビジネススクールのランキング順位、学費・学費、求められるTOEFL・GMATの難易度、GPA等々についてです。

世界大学ランキング

まずは、アメリカ国内のMBAランキングを紹介する。MBA取得を行う際に、受験生が受験校の選定を行う際に最も参考にしているのがこの世界MBAランキングである。

世界大学ランキングの場合には、クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が毎年9月に公表している「QS世界大学のランキング」。そして、タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)が毎年公開している「THE世界大学ランキング」の二つが主に有名であることを知っている読者も多いだろう。

しかし、特にMBAという領域に限った世界大学ランキングで有名なものは上記の二つではなく、イギリスのファイナンシャル・タイムズ誌がWebサイト「Business Education」 で公開している「世界MBA大学ランキング:Global MBA Ranking 」。そして、イギリスのエコノミスト誌が公開している「世界MBAランキング(フルタイム)」の二つが非常に高い知名度を得ており、MBA取得の際の受験校の選択の指標として用いられることが非常に多い。

また、米英の知識層の間で、読んでいるかあるいは少なくともその存在を知っていることが常識とされるのが英経済紙フィナンシャル・タイムズ誌、そしてエコノミスト誌であり、日本でいえば日本経済新聞のようなものだと思って貰えればいい

突破・キャリア・MBA

この二つの世界MBA大学ランキングにて上位20校の修了生ともなれば、キャリアに大きな箔が付き、転職活動で有名企業に容易に入社することができる。このことから、世界MBA大学ランキング上位校出身の肩書は難関企業へ転職可能なプラチナチケットとも呼ばれている。

今回は、そんな世界MBA大学ランキング(世界ビジネススクールランキング)の中からアメリカ国内の大学・ビジネススクールを抽出し、過去複数年度に渡ってご紹介する

別の記事でアメリカだけではない世界MBAランキングも紹介しているため、是非ご参照ください。

世界・海外MBA大学ランキング全種類まとめ!!転職希望者も必見!!
http://career-information.com/4631

※最新情報が公開され次第更新中です。

アメリカMBA大学ランキング(ファイナンシャル・タイムズ誌)

ファイナンシャル・タイムズ世界MBAランキング

最初に紹介するのは、イギリスのファイナンシャル・タイムズ誌の「世界MBA大学ランキング:Global MBA Ranking 」である。

ファイナンシャル・タイムズ誌の「世界MBA大学ランキング:Global MBA Ranking 」の調査項目は、スクール修了後3年でのキャリアや平均年収、MBA取得前と比較した給与の上昇率、現在の給与と授業料など諸費用を比較した費用対効果、更に、学生の国籍(多様性)や女性比率など20項目でランキングである。

調査対象のビジネススクールから提供されたデータだけではなく、そのスクールを修了して3年たつ修了生の回答を基に作成しているため非常に信憑性が高いランキングとなっている。

2017年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 スタンフォード大学経営大学院  2 5
2 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  3 4
3 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 4 2
4 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  7 6
5 シカゴ大学:ブースビジネススクール  9 8
6 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  12 11
7 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  13 9
8 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 14 7
9 イェール大学経営大学院 15 18
10 ダートマス大学:タックビジネススクール 18 22
11 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 19 19
12 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 23 20
13 デューク大学:フュークアビジネススクール  24 21
14 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  32 34
15 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 35 27
16 カーネギーメロン大学:テッパースクールオブビジネス 38 33
17 ジョージタウン大学;マックコートスクール 40 44
18 ワシントン大学:フォスタースクールオブビジネス 41 49
19 ノースカロライナ大学チャペルヒル校:ケナンフラグラービジネススクール 43 41
20 テキサス大学オースティン校:マコームズスクールオブビジネス 46 47

2016年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 2 1
2 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  4 3
3 スタンフォード大学経営大学院  5 4
4 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  6 6
5 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 7 10
6 シカゴ大学:ブースビジネススクール  8 9
7 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  9 8
8 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  11 14
9 イェール大学経営大学院 18 17
10 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 19 18
11 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 20 24
12 デューク大学:フュークアビジネススクール  21 21
13 ダートマス大学:タックビジネススクール 22 23
14 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 27 32
15 コーネル大学:ジョンソンスクールオブマネジメント 31 28
16 カーネギーメロン大学:テッパースクールオブビジネス 33 36
17 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  34 25
18 ノースカロライナ大学チャペルヒル校:ケナンフラグラービジネススクール 41 39
19 ジョージタウン大学;マックコートスクール 44 42
20 テキサス大学オースティン校:マコームズスクールオブビジネス 47 40

2015年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 1 1
2 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  3 3
3 スタンフォード大学経営大学院  4 3
4 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  6 5
5 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  8 8
6 シカゴ大学:ブースビジネススクール  9 9
7 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 10 11
8 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  14 14
9 イェール大学経営大学院 17 14
10 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 18 18
11 デューク大学:フュークアビジネススクール  21 19
12 ダートマス大学:タックビジネススクール 23 20
13 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 24 26
14 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  25 25
15 コーネル大学:ジョンソンスクールオブマネジメント 28 26
16 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 32 31
17 カーネギーメロン大学:テッパースクールオブビジネス 36 38
18 ノースカロライナ大学チャペルヒル校:ケナンフラグラービジネススクール 39 39
19 テキサス大学オースティン校:マコームズスクールオブビジネス 40 42
20 ジョージタウン大学;マックコートスクール 42 39

次に、イギリスのエコノミスト誌が毎年発表している世界MBAランキングを紹介する。

アメリカMBA大学ランキング(エコノミスト誌)

エコノミスト世界MBAランキング

エコノミストはイギリスの週刊新聞で、ロンドンに所在するThe Economist Newspaper Limited から発行されている。

エコノミスト誌の世界MBA大学ランキング(フルタイム)では、世界のフルタイムのMBAの中から新しい就職機会の開拓状況や、自己啓発・教育経験の度合い、年収増加の傾向、ネットワーク構築の可能性等の項目を調査し順位を決定している。

2016年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 シカゴ大学:ブースビジネススクール  1 1
2 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  2 7
3 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 3 2
4 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 4 4
5 スタンフォード大学経営大学院  5 13
6 ダートマス大学:タックビジネススクール 6 3
7 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 7 6
8 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  11 12
9 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  12 10
10 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  14 9
11 イェール大学経営大学院 15 19
12 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  17 15
13 デューク大学:フュークアビジネススクール  18 20
14 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 19 11
15 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 21 27
16 ノースカロライナ大学チャペルヒル校:ケナンフラグラービジネススクール 22 33
17 ヴァンダービルト大学:オーウェングラデュエートスクールオブマネジメント 26 36
18 コーネル大学:ジョンソンスクールオブマネジメント 28 23
19 エモリー大学:ゴイズエタビジネススクール 29 25
20 インディアナ大学:ケリースクールオブビジネス 30 29

2015年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 シカゴ大学:ブースビジネススクール  1 1
2 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 2 3
3 ダートマス大学:タックビジネススクール 3 2
4 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 4 6
5 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 6 7
6 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  7 14
7 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  9 13
8 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  10 11
9 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 11 8
10 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  12 10
11 スタンフォード大学経営大学院  13 9
12 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  15 12
13 イェール大学経営大学院 19 19
14 デューク大学:フュークアビジネススクール  20 25
15 コーネル大学:ジョンソンスクールオブマネジメント 23 23
16 エモリー大学:ゴイズエタビジネススクール 25 17
17 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 27 20
18 インディアナ大学:ケリースクールオブビジネス 29 31
19 カーネギーメロン大学:テッパースクールオブビジネス 30 22
20 オハイオ州立大学:フィッシャーカレッジオブビジネス 31 28

2014年アメリカMBA大学ランキング

順位 大学:ビジネススクール 世界
順位
前年
順位
1 シカゴ大学:ブースビジネススクール  1 1
2 ダートマス大学:タックビジネススクール 2 2
3 バージニア大学:ダーデンビジネススクール 3 4
4 ハーバード大学:ハーバードビジネススクール 6 6
5 カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール 7 3
6 ニューヨーク大学:レナードNスターンスクール 8 7
7 スタンフォード大学経営大学院  9 9
8 コロンビア大学:コロンビアビジネススクール  10 10
9 ペンシルバニア大学:ウォートンスクール  11 15
10 マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院  12 12
11 カリフォルニア大学ロサンゼルス校-UCLA  13 18
12 ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院  14 23
13 エモリー大学:ゴイズエタビジネススクール 17 19
14 イェール大学経営大学院 19 28
15 ミシガン大学:ロススクールオブビジネス 20 25
16 カーネギーメロン大学:テッパースクールオブビジネス 22 21
17 コーネル大学:ジョンソンスクールオブマネジメント 23 17
18 デューク大学:フュークアビジネススクール  25 29
19 オハイオ州立大学:フィッシャーカレッジオブビジネス 28 32
20 ヴァンダービルト大学:オーウェングラデュエートスクールオブマネジメント 29 34

次に、ファイナンシャル・タイムズ誌やエコノミスト誌が公開しているアメリカMBAランキングの上位にランクインしている大学毎に、必要な学費・費用、求められるTOEFL・GMATの難易度、GPAについて紹介する。

アメリカ主要MBAの学費,TOEFL・GMATスコア,GPA比較まとめ

以下は、各MBAの受験に合格した方々のデータを参考に平均的に求められるTOEFLやIELT、GMATスコア、学費・費用をまとめたものです。

ハーバード大学:ハーバードビジネススクール

ハーバード大学

ハーバード・ビジネス・スクール (英: Harvard Business School, HBS)は、ハーバード大学の経営大学院である。ハーバード・ビジネス・スクール=通称「HBS」は、ハーバード大学に1908年に設立された世界最古のビジネススクールのひとつ。「Educate Leaders Who Make a Difference in the World:世界を変えるリーダーを育成する」という理念を持つ。

ハーバード・ビジネススクールは、特にケースメソッド方式(事例研究法)を授業スタイルとして採用したことで有名である。すべての授業は「ケース」と呼ばれる、ある組織の具体的な課題について記述した10数ページの教材をもとに行われる。学生は事前にケースを読み込んだうえで授業に臨み、教授はファシリテーターとして「あなたがこの組織のこの立場にいたらどう考えるか」を徹底的に学生に考えさせる。

学費 $58,875
TOEFL iBT 平均110程度
IELTS 平均7.5程度
GMAT 平均725程度
GPA 平均3.5程度

スタンフォード大学経営大学院

スタンフォード大学経営大学

スタンフォード大学経営大学院(英: Stanford Graduate School of Business)は、ハーバード・ビジネス・スクール、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールなどと並ぶ世界最高峰のビジネススクールである。特にハイテク、eコマース、経営全般に強いとされている。スタンフォード大学経営大学院は全米で最も選抜が厳しい大学院としても知られ、合格率はわずか7.1%である。

スタンフォード大学ビジネススクールのカリキュラムは、ソフトスキル(コミュニケーションスキル)に重点が置かれていることが特徴。「会社を起業したとき、最も大切なのが人材のマネジメントである」というスタンフォードの姿勢が影響している。「ファイナンス」「マーケティング」「会計」などの実務に加え、「リーダーシップ」「倫理」「組織行動」など、リーダーとしての人格を形成するのに役立つソフトスキルを、実践的な演習を取り入れながら、徹底的に学ぶ。

学費 $61,875
TOEFL iBT 平均100程度
IELTS 平均7.5程度
GMAT 平均730程度
GPA 平均3.5程度

ペンシルバニア大学:ウォートンスクール

ペンシルバニア大学:ウォートンスクール

ペンシルバニア大学ウォートン校(英: The Wharton School of the University of Pennsylvania)は、アイビー・リーグ (en:Ivy League)8校の中のペンシルベニア大学 のビジネススクールである。世界的に最も高い評価を受けるビジネススクールの一つであり、ファイナンスを中心に、マーケティングやマネージメント分野においても実用性の高いプログラムを提供している。

ウォートン校では、グレーディングカーブと呼ばれる成績分布ルールに基づいて成績が決定される。また、プリンストンレビューによれば、295のビジネススクールに中で、もっとも競争度合いが高いと評価されている。ウォートンは、数ある米国ビジネススクールの中でも特に国際性を重視しており、毎年約70ヵ国から優秀な学生が集まっている。他ビジネススクールを圧倒する、1,000人をこえる日本人卒業生のネットワークもまた、ウォートンの魅力の一つ

学費 $62,424
TOEFL iBT 平均110程度
IELTS 平均7.5程度
GMAT 平均730程度
GPA 平均3,3程度

シカゴ大学:ブースビジネススクール

カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール

シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス(英: The University of Chicago Booth School of Business, Chicago Booth)は、シカゴ大学の経営大学院である。どの授業を履修するかは、本人に委ねられる。例えばアントレプレナーシップ分野で専門性を磨きたい場合、アントレプレナーシップを中心とした履修計画を立てることが可能

多くのノーベル賞学者を生み出したシカゴ大学の特色は”School of Theory”と言われるだけあって理論重視。また、ハーバードのケースに対し、シカゴはレクチャー中心と言われている。「シカゴ学派」を世に発信している世界一の学術校として知られており、人的資本論で知られるGary Beckerなどのノーベル賞受賞者の数では他校を圧倒する。

学費 $61,520
TOEFL iBT 平均110程度
IELTS 平均7.5程度
GMAT 平均725程度
GPA 平均3,4程度

ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院

ノースウェスタン大学:ケロッグ経営大学院

ケロッグ経営大学院(英語:Kellogg School of Management)は、アメリカ合衆国イリノイ州エバンストンにキャンパスを構えるノースウェスタン大学の経営大学院(ビジネススクール)。ケロッグ・スクール、もしくは単にケロッグとも呼ばれる。ほぼ全ての分野において最高レベルの評価を得ているが、特にマーケティングの分野では圧倒的な強みを持っている。

起業家精神に満ちた校風で、チームワークやリーダーシップ、ジェネラルマネジメント能力の育成を重視し、理論と実践の両面に等しく重きを置く教育を行なっている。カリキュラムはレクチャーとケーススタディー(企業の過去の実例を取り上げて分析)でバランスよく構成されている。さらにケロッグの特徴として全ての授業においてグループが割り当てられてチームで課題を提出し、成績の一部はチームメイトからの評価が含まれておりますので、学生同士の豊富なインターアクションを通じてチームマネジメント力やリーダーシップを育成する仕組みになっている。

学費 $61,596
TOEFL iBT 平均109程度
IELTS 平均110程度
GMAT 平均725程度
GPA 平均3.4程度

マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院

マサチューセッツ工科大学:スローン経営学大学院

マサチューセッツ工科大学(英語: Massachusetts Institute of Technology)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く私立工科大学である。通称はMIT(エム・アイ・ティー。「ミット」は誤用で主に日本、欧州の極めて一部で用いられる)。同校には伝統的に「ハック」(詳細はハッカーを参照)と呼ばれるゲリラ活動的なイタズラが存在する。単なるイタズラというよりも、日頃研究したさまざまな技術を駆使することから、時に超常現象かと見紛うばかりのものまであるとされる

Sloan School of Management は、MIT の5 番目の学部として1952年に発足。世界一の理工系大学の中にあるビジネススクールらしく、経営と技術の融合を目指したカリキュラムに特徴がある。MITスローンスクールでは、経営学をサイエンスの視点で捉えるという発想から、MBAではなくMSM(Master of Science in Management)という名称となっている。

学費 $63,454
TOEFL iBT 平均105程度
IELTS 平均7.0程度
GMAT 平均715程度
GPA 平均3.4程度

リフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール

カリフォルニア大学バークレー校:ハースビジネススクール

リフォルニア大学バークレー校 ハース・スクール・オブ・ビジネス(英語:Haas School of Business, University of California Berkeley)はアメリカ合衆国のカリフォルニア大学バークレー校における経営学を中心とした経営大学院。私立の名門校と肩を並べる公立大学。通称UCバークレー。キャンパスの敷地面積は、1,232エーカーあり、東京ドームに置き換えると107個分に相当します。一方、1学年240名、コアのクラスでも60名とトップスクールの中では極めて小規模。

近くには、シリコンバレーがあり、IT系やコンピューター分野の研究にも力を入れている。アメリカで最も充実した蔵書の図書館を備えるなど、学業面を支えるさまざまな施設が充実。多くのアスリートを輩出するなど、文武両道でも知られ、独特で自由な校風も特徴的。学生の出身も。投資銀行、コンサルタントを中心に、アスリート、学校教師、軍人、NPOとバラエティに富んでおり、「イノベーションはテクノロジーの世界だけでなく、どんな業界においても必要」という学校側の考えを体現している。

学費 $54,066
TOEFL iBT 平均68程度
IELTS 平均7.0程度
GMAT 平均715程度
GPA 平均3.3程度

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。