九州大学

九州大学の法学部・経済学部・文学部・教育学部(文系)の大手就職率・就職先・就職実績・進路情報大全集!!

九州大学(Kyushu University)、1911年に開学された福岡県の国立大学である。帝国大学の流れを汲む国立大学であり、東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、九州大学から構成される旧帝大学という大学群に属する難関大学である。大学の略称は九大。

1867年に設立された賛生館を起源とする九州帝国大学を直接の母体としている他、2003年に九州芸術工科大学を吸収・統合し、九州大学芸術工学部としている。11学部を有する総合大学である。学生数は工学部が多く、理系に強みを持つ大学である

また、九州大学は就職に強く、大企業就職先ランキングで第27位に位置している。今回は九州大学の以下の学部・学科の進路・就職実績を紹介する。

①九州大学法学部

②九州大学経済学部
・経済・経営学科
・経済工学科

③九州大学文学部
・人文学科

④九州大学教育学部
・教育学系
・教育心理学系

大企業就職率大学ランキング

1 一橋大学(54.5%、486人)
2 東京工業大学(53.7%、832人)
3 国際教養大学(45.8%、65人)
4 豊田工業大学(44.6%、29人)
5 慶應義塾大学(41.6%、2,779人)
6 大阪大学(32.9%、1,405人)
7 名古屋工業大学(32.0%、303人)
8 京都大学(31.8%、1,244人)
9 上智大学(31.6%、777人)
10 東京理科大学(30.5%、877人)
11 早稲田大学(30.3%、3,347人)
12 電気通信大学(30.3%、283人)
13 名古屋大学(29.6%、730人)
14 神戸大学(27.8%、816人)
15 九州工業大学(27.1%、293人)
16 聖心女子大学(27.0%)
17 東京大学(26.5%、1,489人)
18 同志社大学(25.5%、1,466人)
19 東京農工大学(25.3%、258人)
20 東北大学(25.1%、828人)
21 国際基督教大学(24.6%)
22 東京外国語大学(24.6%)
23 京都工芸繊維大学(24.5%)
24 立教大学(24.3%)
25 津田塾大学(24.1%)
26 学習院大学(23.7%、409人)
27 九州大学(23.4%、870人)
28 東京女子大学(23.4%)
29 長岡技術科学大学(23.3%、99人)
30 青山学院大学(23.2%)
31 お茶の水女子大学(23.0%、123人)
32 豊橋技術科学大学(22.3%、103人)
33 横浜国立大学(22.3%、231人)
34 芝浦工業大学(21.6%、372人)
35 大阪府立大学(20.9%、306人)
36 小樽商科大学(20.8%)
37 大阪市立大学(20.5%、207人)
38 関西学院大学(20.5%、1,058人)
39 北海道大学(20.4%、663人)
40 明治大学(19.9%、1,471人)
41 筑波大学(19.8%、570人)
42 日本女子大学(19.5%)
43 立命館大学(19.4%、1,378人)
44 中央大学(18.7%、1,071人)
45 首都大学東京(18.6%、345人)
46 成蹊大学(18.6%)
47 筑波技術大学(17.9%、12人)
48 白百合女子大学(17.6%)
49 清泉女子大学(16.3%)
50 法政大学(16.2%)
51 関西大学(15.6%)
52 千葉大学(15.3%、429人)
53 奈良女子大学(14.3%)
54 東京都市大学(14.2%)
55 横浜市立大学(13.9%、123人)
56 滋賀大学(13.7%)
57 東洋英和女学院大学(13.6%)
58 成城大学(13.0%)
59 神戸女学院大学(12.7%)
60 広島大学(12.5%、326人)
61 金沢大学(12.4%、233人)
62 神戸市外国語大学(12.3%)
63 西南学院大学(12.2%)
64 明治学院大学(11.8%)
65 昭和女子大学(11.3%)
66 甲南大学(11.3%)
67 東京薬科大学(11.0%、58人)
68 静岡大学(10.6%)
69 名古屋市立大学(10.4%、68人)
70 熊本大学(10.4%、200人)
71 大阪薬科大学(10.3%、28人)
72 はこだて未来大学(9.9%)
73 長崎大学(9.7%、140人)
74 創価大学(9.6%、163人)
75 東京電機大学(9.5%、173人)
76 和歌山大学(9.5%)
77 宮崎公立大学(9.4%)
78 京都女子大学(9.4%)
79 大妻女子大学(9.3%)
80 宇都宮大学(9.2%)
81 鹿児島大学(9.2%)
82 岡山大学(9.1%、252人)
83 秋田県立大学(8.7%、33人)
84 東京海洋大学(8.6%、43人)
85 京都産業大学(8.2%)
86 静岡文化芸術大学(8.1%)
87 岩手大学(8.0%)
88 高知工科大学(7.8%、33人)
89 金城学院大学(7.8%)
90 東北学院大学(7.8%)
91 日本大学(7.7%、1,060人)
92 新潟大学(7.7%、189人)
93 工学院大学(7.7%、96人)
94 山口大学(7.6%、137人)
95 山形大学(7.5%)
96 福井大学(7.4%、70人)
97 獨協大学(7.4%)
98 青森中央学院大学(7.3%、9人)
99 西南女学院大学(7.3%)
100 下関市立大学(7.3%)
101 京都薬科大学(7.2%、25人)
102 筑紫女学院大学(7.2%)
103 広島市立大学(7.0%)
104 神戸外語大学(7.0%)
105 大阪工業大学(6.9%)
106 金沢工業大学(6.7%、93人)
107 会津大学(6.7%)
108 静岡県立大学(6.6%)
109 椙山女学院大学(6.6%)
110 佐賀大学(6.4%、92人)
111 福岡大学(6.4%)
112 甲南女子大学(6.4%)
113 跡見学園女子大学(6.4%)
114 福島大学(6.1%)
115 星薬科大学(6.0%、14人)
116 東海大学(5.9%、340人)
117 鳥取大学(5.9%、69人)
118 香川大学(5.9%)
119 名古屋外語大学(5.9%)
120 秋田大学(5.9%)
121 武蔵大学(5.9%)
122 神戸薬科大学(5.8%、15人)
123 大分大学(5.8%)
124 愛知淑徳大学(5.8%)
125 東洋大学(5.8%)
126 近畿大学(5.7%、373人)
127 産業医科大学(5.6%、10人)
128 國學院大學(5.6%)
129 千葉工業大学(5.5%、92人)
130 明治薬科大学(5.4%、18人)
131 武庫川大学(5.4%)
132 龍谷大学(5.4%)
133 東京聖栄大学(5.2%)

出典:就職先有名企業400社の実就職率ランキング

 

九州大学法学部の就職先・進路・就職実績

九州法学部は、1924年に九州帝国大学法文学部として設置され、1949年に現在の法学部となっている。また、法学部に学科という概念は存在せず、学部のみがあるだけである。法学部修士課程は、研究者コース、専修コース、国際コースの3コースに分かれている。

また、法学部で学ぶ領域は、「基礎法学」「公法学」「民刑事法学」「国際関係法学」「政治学」の五つの学科目から構成される。卒業生には、一般企業に就職する他、弁護士、裁判官、検事等の法学の知識を活かした職業に就いている。

◆九州大学法学部の就職実績

●九州大学法学部の就職先ランキング
(1)福岡市職員11
(2)福岡県職員、福岡銀行各7
(3)東京海上日動火災保険4
(4)日本生命保険、ワークスアプリケーションズ各3
(5)山口県職員、大分県職員、新日鐵住金各2

出典「九州大学法学部の就職先・進路に関する公式ページ」:https://passnavi.evidus.com/search_univ/0820

●九州大学法学部の主な就職先
①一般企業
福岡銀行、九州電力、ワークスアプリケーションズ、ヤマハ発動機、新日鉄興和不動産、商工組合中央金庫、損害保険ジャパン日本興亜、福岡地所、日本航空、三井住友海上保険、IHI、出光興産、野村證券、東日本旅客鉄道、清水建設、三菱東京UFJ銀行、テレビ西日本、西日本シティ銀行、西日本高速道路、西日本鉄道、日立システムズ、日本年金機構、りそな銀行、商工組合中央金庫、東京海上日動火災保険、凸版印刷、中央出版、三井不動産リアルティ、RKB毎日放送、JX日鉱日石エネルギー
②その他
長崎大学、有明工業高等専門学校、九州歯科大学、福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、長崎県、愛媛県、広島県、福岡市、北九州市、熊本市、久留米市、鹿児島市、佐伯市、石川県、外務省、法務省、財務省、総務省、厚生労働省、福岡入国管理局、福岡国税局、九州運輸局、九州経済産業局

出典「九州大学法学部の就職先・進路に関する公式ページ」:http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/education/employment/situation/place

 

 

次に、九州大学経済学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

九州大学経済学部の就職先・進路・就職実績

九州大学経済学部は、1924年に九州帝国大学の法文学部の経済科を起源とし、1949年に現在の経済学部となっている。①経済・経営学科、②経済工学科の2学科から構成される。

特に、九州大学経済学部における経済工学科は、工学的手法、数理的手法を使ったあらたな経済学の学問分野の発展に対応して設立されたもので、全国でもユニークな学科として知られている。

◆九州大学経済学部の就職先・進路・就職実績

●九州大学経済学部の就職先ランキング
(1)福岡銀行、西日本シティ銀行各5
(2)東京海上日動火災保険、山口フィナンシャルグループ各4
(3)福岡県職員3
(4)福岡市職員、あいおいニッセイ同和損害保険、日本政策金融公庫、IHI、佐賀県職員各2

出典「九州大学経済学部の就職先・進路に関する公式ページ」:https://passnavi.evidus.com/search_univ/0820

●九州大学経済学部の主な就職先
①一般企業
富士通、三菱電機、日本政策金融公庫、三菱東京UFJ銀行、東京海上日動火災保険、トヨタ自動車、TOTO、日本銀行、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、九州電力、住友商事、デンソー、村田製作所、三菱商事、日立製作所、福岡銀行、西日本シティ銀行、東京海上日動火災保険、山口フィナンシャルグループ、日本政策金融公庫、あいおいニッセイ同和損害保険、IHI、兼松、三菱日立パワーシステムズ、NTTドコモ、大和証券、りそな銀行、川崎重工業、西部ガス、三井住友銀行、トヨタ自動車、西日本鉄道、凸版印刷、アクセンチュア
②その他
九州大学、福岡県、佐賀県、山口県、愛媛県、福岡市、北九州市、福岡財務支局、九州経済産業局、九州地方整備局、労働基準監督署、門司税関

出典「九州大学経済学部の就職先・進路に関する公式ページ」:http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/education/employment/situation/place

 

 

次に、九州大学文学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

九州大学文学部の就職先・進路・就職実績

九州大学文学部は、全体を人文学科とし、哲学・歴史学・文学・人間科学の4コースの下に21の専門分野が置かれている。

1年間教養教育を受けた後、2年次からいずれかのコース・専門分野に所属し、専門領域を深める教育カリキュラムとなっている。

◆九州大学文学部の就職先・進路・就職実績

●九州大学文学部の就職先ランキング
(1)福岡県職員、九州電力、福岡市職員各3
(2)佐賀県職員、西日本シティ銀行、広島銀行、東京海上日動火災保険、三菱電機、大分市職員、ニトリ各2

出典「九州大学文学部の就職先・進路に関する公式ページ」:https://passnavi.evidus.com/search_univ/0820

●九州大学文学部の主な就職先
①一般企業
福岡銀行、東京海上日動火災保険、日本生命保険相互会社、NECソリューションイノベータ、JAバンク、りそな銀行、村田製作所、日本旅行、西日本電信電話、九州電力、三菱電機、村田製作所、広島銀行、西日本シティ銀行、東京海上日動火災保険、ワークスアプリケーションズ、ニトリ、富士通、東京スター銀行、パナソニック、三井住友銀行、日本放送協会(NHK)、オービック、日本旅行、新生銀行、新日鉄住金化学、日立製作所、西日本シティ銀行、オービック、ヤマト運輸、日本郵政、読売新聞西武本社、TIS西日本、三菱電機、大和証券、富士通、NTTドコモ、鹿児島銀行、西部ガス、伊藤忠商事、日立製作所、スターフライヤー、中国電力、みずほ銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、サンゲツ、ヒューマンクレスト、平野養鶏場
②その他
日本政策金融公庫、日本郵便、九州大学、大分大学、長崎大学、福岡女子大学、九州産業大学付属九州高等学校、福岡舞鶴高等学校、長崎県立長崎南高等学校、大濠高等学校、済々黌高等学校、上五高等学校、福岡県、福岡市、熊本県、佐賀県、大野城市、広島市、鳥取県、福岡国税局、労働基準監督署、長崎県警察、国税庁、福岡労働局、福岡国税局、広島運輸局、熊本地方検察庁

出典「九州大学文学部の就職先・進路に関する公式ページ」:http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/education/employment/situation/place

 

 

次に、九州大学教育学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

九州大学教育学部の就職先・進路・就職実績

九州大学教育学部は、1925年に設置された九州帝国大学法文学部教育学講座を起源としている。戦後の学制改革によって新制九州大学が発足するとともに法文学部から分離独立して、現在の九州大学教育学部となっている。

教育学部では、「①教育学系」および「②教育心理学系」という2つのアプローチから、人間の形成や人間の発達にかかわるあらゆる問題を学ぶ。人間と人間が触れ合う社会の様々な領域において創造的に問題解決できる人材を養成している。

◆九州大学教育学部の就職先・進路・就職実績

●九州大学教育学部の就職先ランキング
(1)愛媛県職員2
(2)旭化成ホームズ、住友生命保険、大分県職員、筑紫ガス、福岡市職員、佐賀県職員、伊藤園、九州電力、FBS福岡放送各1

出典「九州大学教育学部の就職先・進路に関する公式ページ」:https://passnavi.evidus.com/search_univ/0820

●九州大学教育学部の主な就職先
①一般企業
西日本シティ銀行、三井住友銀行、TOTO、不二家、ぎょうせい、福岡地所、西日本総合リース、アサヒビール、大広、
電通、テレビ大分、九電工、日本発条、商工組合中央金庫、三井住友銀行、福岡銀行、十八銀行、NTTドコモ、日本郵便、九州通信ネットワーク、朝日新聞社、旭化成ホームズ、伊藤園、九州電力、ブリヂストン、FBS福岡放送、住友生命保険相互会社、筑紫ガス、JT、JR博多シティ
②その他
博多高等学校、大分県、佐賀県、愛媛県、福岡市、法務省、福岡県、佐賀県、岡垣町、福岡地方検察庁、北九州市、鹿児島県、熊本市、宇部市、鹿屋市、九州管区行政評価局

出典「九州大学教育学部の就職先・進路に関する公式ページ」:http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/education/employment/situation/place?department=055

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

 

有名大学就職実績データベース

データベース

有名大学の就職実績や大手就職率、平均年収などの情報をご提供します。就職活動を行う上で重要な参考情報となります。就職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。