北海道大学

北海道大学の法学部・経済学部・文学部・教育学部(文系)の大手就職率・就職先・就職実績・進路情報大全集!!

北海道大学(Hokkaido University)、11918年に設置された北海道の国立大学である。大学の略称は北大。東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、九州大学から構成される旧帝大学という大学群に属する難関大学である。

北海道大学は札幌農学校を起源とする。1907年に東北帝国大学農科大学となり、1918年に北海道帝国大学に移管され北海道帝国大学となる。そして、北海道帝国大学は1947年に現在の北海道大学へと改組された経緯を持つ。

北海道大学の難易度・偏差値は、旧帝国大学内では下位に位置し、九州大学と同程度の偏差値水準となっている。水産学部の入試難易度は低く、お得な学部として知られている。

また、北海道大学は就職に強く、大企業就職先ランキングで第39位に位置している。今回は北海道大学の以下の学部・学科の進路・就職実績を紹介する。

①北海道大学法学部
・法学科

②北海道大学経済学部
・経済学科
・経営学科

③北海道大学文学部
・人文科学科

④北海道大学教育学部
・教育学科

大企業就職率大学ランキング

1 一橋大学(54.5%、486人)
2 東京工業大学(53.7%、832人)
3 国際教養大学(45.8%、65人)
4 豊田工業大学(44.6%、29人)
5 慶應義塾大学(41.6%、2,779人)
6 大阪大学(32.9%、1,405人)
7 名古屋工業大学(32.0%、303人)
8 京都大学(31.8%、1,244人)
9 上智大学(31.6%、777人)
10 東京理科大学(30.5%、877人)
11 早稲田大学(30.3%、3,347人)
12 電気通信大学(30.3%、283人)
13 名古屋大学(29.6%、730人)
14 神戸大学(27.8%、816人)
15 九州工業大学(27.1%、293人)
16 聖心女子大学(27.0%)
17 東京大学(26.5%、1,489人)
18 同志社大学(25.5%、1,466人)
19 東京農工大学(25.3%、258人)
20 東北大学(25.1%、828人)
21 国際基督教大学(24.6%)
22 東京外国語大学(24.6%)
23 京都工芸繊維大学(24.5%)
24 立教大学(24.3%)
25 津田塾大学(24.1%)
26 学習院大学(23.7%、409人)
27 九州大学(23.4%、870人)
28 東京女子大学(23.4%)
29 長岡技術科学大学(23.3%、99人)
30 青山学院大学(23.2%)
31 お茶の水女子大学(23.0%、123人)
32 豊橋技術科学大学(22.3%、103人)
33 横浜国立大学(22.3%、231人)
34 芝浦工業大学(21.6%、372人)
35 大阪府立大学(20.9%、306人)
36 小樽商科大学(20.8%)
37 大阪市立大学(20.5%、207人)
38 関西学院大学(20.5%、1,058人)
39 北海道大学(20.4%、663人)
40 明治大学(19.9%、1,471人)
41 筑波大学(19.8%、570人)
42 日本女子大学(19.5%)
43 立命館大学(19.4%、1,378人)
44 中央大学(18.7%、1,071人)
45 首都大学東京(18.6%、345人)
46 成蹊大学(18.6%)
47 筑波技術大学(17.9%、12人)
48 白百合女子大学(17.6%)
49 清泉女子大学(16.3%)
50 法政大学(16.2%)
51 関西大学(15.6%)
52 千葉大学(15.3%、429人)
53 奈良女子大学(14.3%)
54 東京都市大学(14.2%)
55 横浜市立大学(13.9%、123人)
56 滋賀大学(13.7%)
57 東洋英和女学院大学(13.6%)
58 成城大学(13.0%)
59 神戸女学院大学(12.7%)
60 広島大学(12.5%、326人)
61 金沢大学(12.4%、233人)
62 神戸市外国語大学(12.3%)
63 西南学院大学(12.2%)
64 明治学院大学(11.8%)
65 昭和女子大学(11.3%)
66 甲南大学(11.3%)
67 東京薬科大学(11.0%、58人)
68 静岡大学(10.6%)
69 名古屋市立大学(10.4%、68人)
70 熊本大学(10.4%、200人)
71 大阪薬科大学(10.3%、28人)
72 はこだて未来大学(9.9%)
73 長崎大学(9.7%、140人)
74 創価大学(9.6%、163人)
75 東京電機大学(9.5%、173人)
76 和歌山大学(9.5%)
77 宮崎公立大学(9.4%)
78 京都女子大学(9.4%)
79 大妻女子大学(9.3%)
80 宇都宮大学(9.2%)
81 鹿児島大学(9.2%)
82 岡山大学(9.1%、252人)
83 秋田県立大学(8.7%、33人)
84 東京海洋大学(8.6%、43人)
85 京都産業大学(8.2%)
86 静岡文化芸術大学(8.1%)
87 岩手大学(8.0%)
88 高知工科大学(7.8%、33人)
89 金城学院大学(7.8%)
90 東北学院大学(7.8%)
91 日本大学(7.7%、1,060人)
92 新潟大学(7.7%、189人)
93 工学院大学(7.7%、96人)
94 山口大学(7.6%、137人)
95 山形大学(7.5%)
96 福井大学(7.4%、70人)
97 獨協大学(7.4%)
98 青森中央学院大学(7.3%、9人)
99 西南女学院大学(7.3%)
100 下関市立大学(7.3%)
101 京都薬科大学(7.2%、25人)
102 筑紫女学院大学(7.2%)
103 広島市立大学(7.0%)
104 神戸外語大学(7.0%)
105 大阪工業大学(6.9%)
106 金沢工業大学(6.7%、93人)
107 会津大学(6.7%)
108 静岡県立大学(6.6%)
109 椙山女学院大学(6.6%)
110 佐賀大学(6.4%、92人)
111 福岡大学(6.4%)
112 甲南女子大学(6.4%)
113 跡見学園女子大学(6.4%)
114 福島大学(6.1%)
115 星薬科大学(6.0%、14人)
116 東海大学(5.9%、340人)
117 鳥取大学(5.9%、69人)
118 香川大学(5.9%)
119 名古屋外語大学(5.9%)
120 秋田大学(5.9%)
121 武蔵大学(5.9%)
122 神戸薬科大学(5.8%、15人)
123 大分大学(5.8%)
124 愛知淑徳大学(5.8%)
125 東洋大学(5.8%)
126 近畿大学(5.7%、373人)
127 産業医科大学(5.6%、10人)
128 國學院大學(5.6%)
129 千葉工業大学(5.5%、92人)
130 明治薬科大学(5.4%、18人)
131 武庫川大学(5.4%)
132 龍谷大学(5.4%)
133 東京聖栄大学(5.2%)

出典:就職先有名企業400社の実就職率ランキング

 

北海道大学全学部の就職先ランキング

(1)北海道電力25人
(2)新日鉄住金24人
(3)トヨタ自動車24人
(4)日立製作所23人
(5)日本IBM19人
(6)富士通16人
(7)三菱電機14人
(8)KDDI13人
(9)手稲渓仁会病院12人
(10)パナソニック12人

出典:北海道大学公式HP

 

次に、北海道大学法学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

北海道大学法学部の就職先・進路・就職実績

北海道大学法学部は、法学科の一つの学科から構成される。1947年に北海道帝国大学に新設された法文学部を起源とする。1950年には法文学部が文学部と法経学部に分離、1953年に法経学部から独立して現在の法学部が誕生。

法学部は、北海道大学の四つの基本理念(フロンティア精神、国際性の涵養、全人教育、実学の重視)のもと、法学・政治学の基礎的素養を身につけ、幅広い分野で社会の発展を支える人材の育成を目指している。男女比率は、男74%・女26%と男性がかなり多い男女比率となっている。

◆北海道大学法学部の就職先・進路・就職実績

●北海道大学法学部の主な就職先
朝日新聞社、伊藤忠商事、経済産業省、厚生労働省、裁判所、財務省北海道財務局、札幌市役所、全国農業協同組合連合会(JA全農)、東京都特別区、内閣法制局、法務省札幌地方検察庁、法務省札幌入国管理局、法務省法務局、北洋銀行、北海道ガス、北海道庁、北海道放送、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、文部科学省、外務省、JFEスチール、新日鐵住金、住友電気工業、東京海上日動火災保険、トヨタ自動車、日本銀行、日本政策金融公庫、日本放送協会、日本生命保険、野村證券、北海道警察、北海道大学、北海道電力、みずほフィナンシャルグループ、青森県庁、国税庁、JFEミネラル、常陽銀行、総務省行政評価局、日本証券業協会、富士フイルム、北海道銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行、エス・ティー・ワールド、大塚製薬、小松製作所、参議院事務局、全日本空輸、総務省北海道管区、行政評価局、東京海上日動火災保険、東京都庁、日本郵便、富士通、法務省東京法務局、三井住友海上火災、三菱電機、アメリカンファミリー生命保険、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、北海道経済産業局、警視庁、国土交通省、北海道開発局、セコム、第一生命保険、千歳市役所、北海道旅客鉄道(JR北海道)、三菱化学、六花亭製菓、エヌ・ティ・ティ・データ、神戸製鋼所、商船三井、住友商事、住友生命保険、大和証券、東京海上日動火災保険、東芝、日本郵政グループ、日本たばこ産業、北海道財務局、三菱重工業、三菱商事、りそなグループ、旭化成、法務局、野村総合研究所、札幌地方検察庁、札幌高等裁判所、セイコーマート、東京国税局、函館地方裁判所、日立製作所

出典「北海道大学法学部の就職先・進路に関するページ」:http://cc.academic.hokudai.ac.jp/shushoku/shushoku.html

 

 

次に、北海道大学経済学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

北海道大学経済学部の就職先・進路・就職実績

北海道大学経済学部は、経済学科と経営学科の二つの学科から構成される。1947年に北海道帝国大学に新設された法文学部を起源とする。1950年には法文学部が文学部と法経学部に分離、1953年に法経学部から独立して現在の経済学部が誕生。

経済学科では、理論、歴史、応用の視点から現実経済の分析・政策に関する教育を行う。経営学科では、広い意味での経済現象を多面的かつ総合的に科学する。男女比率は、男69%・女31%と男性がやや多い男女比率となっている。

◆北海道大学経済学部の就職先・進路・就職実績

●北海道大学経済学部の主な就職先
アクセンチュア、エヌ・ティ・ティ・データ、財務省北海道財務局、札幌市役所、JFEスチール、商船三井、新日鐵住金、新日鉄住金ソリューションズ、第一生命保険、電源開発(J-POWER)、トヨタ自動車、ニトリ、日立造船、北洋銀行、北海道銀行、北海道警察、北海道電力、三井住友銀行、村田製作所、りそなグループ、旭化成、商工組合中央金庫、新日鉄住金ソリューションズ、住友生命保険、セイコーエプソン、日本電気(NEC)、日立製作所、富士通、北海道庁、みずほフィナンシャルグループ、三菱電機、三菱UFJ信託銀行、りそなホールディングス、あおぞら銀行、AIRDO、川崎重工業、国土交通省、北海道開発局、ソフトコム、大和証券、デンソー、日本政策金融公庫、ペイロール、三井住友信託銀行、キヤノン、双日、損害保険ジャパン、日本興亜、日本郵便、農林中央金庫、北海道大学、三井不動産リアルティ、三菱東京UFJ銀行、札幌国税局、新日本有限責任監査法人、セイコーマート、太平電業、日本生命保険、東日本電信電話(NTT東日本)、北海道放送、北海道労働金庫有限責任、あずさ監査法人、JX日鉱日石エネルギー、有限責任監査法人、トーマツ、日揮、日本政策投資銀行、日本貿易振興機構、野村證券、船井総合研究所、北陸銀行、北海道財務局、NTT東日本、経済産業省、北海道旅客鉄道、三井物産、三菱商事、武田薬品工業、東芝

出典「北海道大学経済学部の就職先・進路に関するページ」:http://cc.academic.hokudai.ac.jp/shushoku/shushoku.html

 

 

次に、北海道大学文学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

北海道大学文学部の就職先・進路・就職実績

北海道大学文学部は、人文科学科の一つの学科から構成される。1947に設置された北海道帝国大学法文学部を起源とする。1950年に法文学部から文学部が独立し、現在の北海道大学文学部となっている。1953年に大学院文学研究科を設置。

北海道大学文学部では、人間のあらゆる認識と表現の根幹である「ことば」の教育に力を尽くしている。専門教育においては、大きく4つの学問「①哲学・文化学」、「②歴史・人類学」、「④言語・文学」、「④人間システム科学」について学ぶ。男女比率は、男46%・女54%と女性がやや多い男女比率となっている。

◆北海道大学文学部の就職先・進路・就職実績

●北海道大学文学部の主な就職先
アクセンチュア、講談社、財務省北海道財務局、札幌市役所、新日鐵住金、全日本空輸、総合商研、大和証券、野村證券、パナソニック、富士通、北洋銀行、北海道新聞社、北海道大学、北海道庁、北海道旅客鉄道(JR北海道)、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、味の素、岩田地崎建設、国家公務員、CDG、JTB北海道、七十七銀行、帝国ホテル、東京海上日動火災保険、トヨタ自動車、ニトリ、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、東日本旅客鉄道(JR東日本)、北海道電力、三菱電機、SMBC日興証券、高等学校教諭、清水建設、住友生命保険、地方公務員、TOTO、日本通運、日本郵便、日本航空、博報堂DYメディアパートナーズ、エイチ・アイ・エス、高等学校教員、コクヨ、サンゲツ、JFEスチール、総務省北海道管区、行政評価局、ソフトバンク、大丸藤井、竹中工務店、デロイトトーマツコンサルティング、日本政策投資銀行、北海道銀行、明治図書出版、明治安田生命保険、関西テレビ放送、キリンビール、厚生労働省、北海道労働局、国土交通省、中部運輸局、新関西国際空港、千葉市高等学校、パーペル、毎日新聞社、りそなグループ、六花亭製菓、アメリカンファミリー、生命保険、イオンリテール、ウイン・コンサル、加森観光、さっぽろ青少年女性、活動協会、住友不動産販売、セイコーマート、都市再生機構、日本無線、ファーム富田、ベネッセコーポレーション、ホテルオークラ、NHK、NTT東日本、新日本製鐵、東芝、日本生命、法務省、三井住友海上火災保険、三菱東京UFJ銀行、日本製粉、本田技研工業、丸紅

出典「北海道大学文学部の就職先・進路に関するページ」:http://cc.academic.hokudai.ac.jp/shushoku/shushoku.html

 

 

次に、北海道大学教育学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

北海道大学教育学部の就職先・進路・就職実績

北海道大学教育学部は、教育学科の一つの学科から構成される。北海道大学教育学部は、1953年に設立された学部である。1953年に大学院教育学研究科を設置。

人間に対する深い尊敬と慈愛および社会的課題に対して視眼的かつ広角の視野を持ち、社会の健全性の基礎となる多様な教育的機能に表れる課題を、的確に把握し、考察し、解決にむけて実践的に行動しうる人材の育成を目指している。男女比率は、男68%・女32%と男性がかなり多い男女比率となっている。

◆北海道大学教育学部の就職先・進路・就職実績

●北海道大学教育学部の主な就職先
遺愛女子中学・高等学校、AIRDO、ANA新千歳空港、帯広市役所、黒松内つくし園、札幌市役所、JTB、青翔開智中学校・高等学校、ソニー生命保険、大丸、竹中工務店、東洋経済新報社、ニトリ、ベネッセコーポレーション、法務省札幌入国管理局、北洋銀行、星野リゾート・マネジメント、北海道庁、三井住友銀行、読売新聞東京本社、愛知県内中学校、秋田銀行、旭川信用金庫、カネボウ化粧品、厚生労働省、国家公務員一般職(行政東北)、札幌家庭裁判所、生活協同組合、コープさっぽろ、全日本空輸、総務省北海道、総合通信局、第一生命保険、トヨタ自動車、富士通、北海道札幌伏見、支援学校、北海道新聞社、北海道大学、朝日放送、今治造船、経済産業省、北海道経済産業局、労働基準監督署、札幌市立北白石中学校、札幌市立北辰中学校、札幌信用金庫、ジェイ・エム・アール、生活総合研究所、JTB北海道、滋賀県警察、静岡県庁、住友生命保険、電通北海道、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、日本生命保険、法務省矯正局、北海道警察、みずほフィナンシャルグループ、愛知県中学校教員、アメリカンファミリー生命保険、イオン北海道、河北新報社、札幌国税局、札幌市立東栄中学校、ジェーシービー、知床グランドホテル、東北銀行、ニトリホールディングス、野村證券、パナソニック、日立システムズ、日立製作所、学校法人北星学園、ヤマト運輸、飛鳥未来高等学校、インテック、ヱスビー食品、カルビーポテト、釧路市役所、北海道厚生局、札幌市子ども会、育成連合会、札幌市立中学校、千葉県特別支援学校、とわの森三愛、高等学校、幕末、東日本電信電話(NTT東日本)、福島テレビ、北海道高等学校、北海道中学校、三井住友海上火災保険、ユーザーサイド、YKK AP、味の素、イオンリテール、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)、JPホールディングス、住友ゴム工業、戸田建設、日本通運、法務省、北海道電力、三菱UFJ信託銀行、ロフト、江崎グリコ、国税専門官、清水建設、野村證券、北海道財務局、北海道電力、三井住友海上火災保険、三菱東京UFJ銀行、大和証券、苫小牧市役所、日本生命、北海道ガス、明治安田生命保険

出典「北海道大学教育学部の就職先・進路に関するページ」:http://cc.academic.hokudai.ac.jp/shushoku/shushoku.html

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

 

有名大学就職実績データベース

データベース

有名大学の就職実績や大手就職率、平均年収などの情報をご提供します。就職活動を行う上で重要な参考情報となります。就職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。