mba

日本国内MBAランキング比較一覧情報まとめ!!日本のMBAを徹底比較!?

皆さんはMBAというものをご存じだろうか?

MBAを公認会計士や税理士、簿記といった経営学系の資格と捉えている人が非常に多いが、MBAは資格ではなく学位である。MBAとはMaster of Business Administration の略であり、日本語では経営学修士と呼ばれる学位。経営学の大学院修士課程を修了すると与えられる。

他の学問では、工学修士や経済学修士、法学修士と同じようなものではあるが、経営学修士だけは他の学位とは異なり、特に転職市場において資格のように扱われることが多い。

MBAの取得により得られるメリットには以下のようなものが挙げられる。

●MBA取得の過程でマーケティングや会計、経済、経営戦略、人事といった非常に幅広い知識の獲得

●社外の人的ネットワークの獲得

●転職市場における人材価値の向上

●英語力の向上(海外の大学院の場合は勿論、国内MBAでも英語にて講義を行う学校は多い)

MBAの発祥は海外であり、高い語学力も入試の段階で求められることから、一般的には国内MBAよりも海外MBAの方の評価が高い 

しかし、海外MBAの取得に関しては、非常に高額な学費や生活費、生活環境の変化等、語学力以外の壁が大きい。

そのため、高い語学力を保有しつつも、国内MBAへ入学するビジネスパーソンも近年では多くなってきている(国内で取得可能な海外校のMBAがあることも知っておいてほしい、代表例としてマギル大学ジャパンマギルMBAプログラムやテンプル大学ジャパンエクゼクティブMBAプログラムがある)。

 本記事では、近年では特に注目が集まりつつある国内MBAに関わる情報の中でも、特に読者の興味が強いであろう日本国内のMBAランキングに焦点を当てて見たいと思う。

慶應義塾大学ビジネススクール:KBS(慶應義塾大学大学院経営管理研究科)

慶應義塾大学

慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)は、日本初の本格的なビジネススクールとして、1962年に創立された。経営管理研究科のMBAコースは、慶應義塾建学以来の実学の精神のもと、それぞれの時代に応じた、ビジネスリーダーの育成に努めている。未来社会への変革リーダーを志すビジネスマンが、経営管理研究科の門を叩いている。

修士課程MBAプログラムは、2年間フルタイムの教育課程である。海外のビジネススクールとの間でダブルディグリー・プログラムをスタートし、KBSで1年間、相手校で1年間学び、双方で優秀な成績を修めれば、2年間の学習で日本と海外の2つの学位を取得できる制度が準備されている。

早稲田大学ビジネススクール-WBS(早稲田大学大学院経営管理研究科)

早稲田大学

早稲田大学ビジネススクール-WBS(早稲田大学大学院経営管理研究科)は、大学院商学研究科ビジネス専攻と大学院ファイナンス研究科が統合し、「多方面の経営幹部を育てるビジネス教育と財務・金融のスペシャリストを育てるファイナンス教育を融合させたビジネススクール」として再編され設立された。

早稲田大学ビジネススクールの目標は「ビジネス社会において専門的能力と的確な判断力を備え、世界的視野で活躍できる高度専門職業人を育成すること」であり、経営管理修士(MBA)のほか、金融のスペシャリストであるファイナンス修士の学位を取得できる講座が開かれ、学生層が異なる両者を一体化することで、業界や年齢の枠を超えて人脈が広がる効果が期待されている。

京都大学経営管理大学院

京都大学

 

京都大学経営管理大学院(正式名称 京都大学大学院経営管理教育部経営科学専攻・経営管理専攻、以下GSM)は2006年に開設。社会人、外国人留学生、理工系等の新卒学生など、多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れ、「ビジネス・リーダーシップ」プログラム、「サービス価値創造」プログラム、「プロジェクト・オペレーションズマネジメント」プログラム、「ファイナンス・会計」プログラムの4つのプログラム領域で、原則として2年間の教育カリキュラムを提供し、「経営学修士(専門職)」(MBA)の学位を授与する。

京都大学経営管理大学院は「先端的なマネジメント研究と高度に専門的な実務との架け橋となる教育体系を開発し、幅広い分野で指導的な役割を果たす個性ある人材を養成することで、地球社会の多様かつ調和の取れた発展に貢献すること」を理念としている。

参考程度に、以下に日本国内のMBA一覧を示す。

日本国内MBA(ビジネススクール)一覧

世界MBA大学ランキング

国立大学MBA一覧

・京都大学大学院 経営管理教育部 経営管理専攻
・一橋大学大学院 商学研究科 経営学修士コース
・一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース
・東京工業大学大学院 イノベーションマネジメント研究科(MOT)
・神戸大学大学院 経営学研究科 現代経営学専攻
・九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻
・北海道大学大学院 経済学研究科現代経済経営専攻 経営管理(MBA)コース
・筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻
・横浜国立大学大学院 国際社会科学府 経営学専攻 社会人専修コース
・首都大学東京大学院 社会科学研究科 経営学専攻 ビジネススクール
・兵庫県立大学大学院 経営学研究科
・香川大学大学院 地域マネジメント研究科
・北九州市立大学大学院 マネジメント研究科

等々

私立大学MBA一覧

・慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 経営管理専攻
・早稲田大学大学院 経営管理研究科 ビジネススクール
・東京理科大学大学院 経営学研究科 経営学専攻
・東京理科大学大学院 イノベーション研究科 技術経営専攻(MOT)
・立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻
・青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 国際マネジメント専攻(専門職)
・明治大学大学院 グローバル・ビジネス研究科 グローバル・ビジネス専攻
・中央大学大学院 戦略経営研究科 戦略経営専攻
・法政大学大学院経営学研究科経営学専攻
・法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科イノベーション・マネジメント専攻
・同志社大学大学院 ビジネス研究科
・関西学院大学大学院 経営戦略研究科 経営戦略専攻
・立命館大学大学院 経営管理研究科
・立命館アジア太平洋大学院 経営管理研究科 経営管理専攻(MBA)
・グロービス経営大学院大学 経営研究科 経営専攻
・国際大学大学院 国際経営学研究科 国際経営学専攻
・多摩大学大学院 経営情報学研究科 経営情報学専攻
・東洋大学大学院 経営学研究科
・亜細亜大学大学院 国際経営戦略研究科
・K.I.T.虎ノ門大学院(金沢工業大学大学院)イノベーションマネジメント研究科
・文京学院大学大学院 経営学研究科
・産業能率大学大学院 総合マネジメント研究科 経営管理コース
・名古屋商科大学大学院 ビジネススクール マネジメント研究科
・南山大学大学院 ビジネス研究科 ビジネス専攻(専門職)
・中京大学大学院 ビジネス・イノベーション研究科

等々

日本国内MBAランキング①(ビジネススクールランキング)

世界大学ランキング

日本国内のMBAをランキングとして有名なものに、フランスSMBG社(1994年設立の教育機関向けコンサルティング会社)主催のランキング「Eduniversal Worldwide Business Schools Ranking」がある12名からなる委員会が世界153カ国のビジネススクール1000校を選出、ビジネススクールを国ごとにランキングしている。

国内のMBAを卒業した後、外資系企業へ就職、その後海外に移住し就職活動するビジネスパーソンも非常に多い。そのような場合に、重要となるのが保有するMBAに対する国内における評価ではなく海外における評価である。

 上記のランキングの評価基準は以下の2点となっている。

①世界153カ国1,000校のビジネススクールDeanへのアンケート
「その国で行くとすればどのビジネススクールを推薦するか」、という問いへの回答状況。
各校の国際化レベル
すなわち国際認証(AACSB, EQUIS等)の取得状況やビジネススクール国際団体(欧州のEFMD、アジアのAAPBS等)への参画状況。

以下に、日本国内のMBAランキング(ビジネススクールランキング)結果を示す。

日本国内MBAランキング

①五つ星取得大学(5 PALMES OF EXCELLENCE)
第1位:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 経営管理専攻(評価レート:249%)
第2位:早稲田大学大学院 経営管理研究科 ビジネススクール(評価レート:201%)

②四つ星取得大学(4 PALMES OF EXCELLENCE)
第3位:京都大学大学院 経営管理教育部 経営管理専攻(評価レート:245%)
第4位:東京理科大学大学院 経営学研究科 経営学専攻(評価レート:210%)
第5位:名古屋商科大学大学院 ビジネススクール マネジメント研究科(評価レート:188%)
第6位:神戸大学大学院 経営学研究科 現代経営学専攻(評価レート:179%)
第7位:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース(評価レート:157%)
第8位:国際大学大学院 国際経営学研究科 国際経営学専攻(評価レート:148%)

③三つ星取得大学(3 PALMES OF EXCELLENCE)
第9位:明治大学大学院 グローバル・ビジネス研究科 グローバル・ビジネス専攻(評価レート:92%)
第10位:北海道大学大学院 経済学研究科現代経済経営専攻 経営管理コース(評価レート:74%)
第11位:立命館アジア太平洋大学院 経営管理研究科 経営管理専攻(評価レート:66%)
第12位:関西大学大学院経済学研究科(評価レート:48%)
第13位:青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 国際マネジメント専攻(評価レート:48%)
第14位:東北大学大学院経済学研究科経済経営学専攻(評価レート:35%)
第15位:九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻(評価レート:31%)
16位:法政大学大学院経営学研究科経営学専攻(評価レート:22%)

③二つ星取得大学(2 PALMES OF EXCELLENCE)
第17位:立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻(評価レート:35%)
第18位:同志社大学大学院 ビジネス研究科(評価レート:31%)
第19位:筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻(評価レート:22%)

出典「SMBG社-日本におけるMBAランキング」:http://www.eduniversal-ranking.com

次に、「日経Bizアカデミー」が発表した日本国内のビジネススクールランキングを紹介する。

日本国内MBAランキング②(ビジネススクールランキング)

順位 ビジネススクール名
1 慶応義塾大学大学院経営管理研究科 (KBS)
2 グロービス経営大学院経営研究科
3 一橋大学大学院商学研究科
4 早稲田大学大学院ファイナンス研究科
5 一橋大学大学院国際企業戦略研究科
6 マサチューセッツ大学MBAプログラム
7 筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻
8 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科
9 ビジネス・ブレークスルー大学院大学経営学研究科
10 青山学院大学専門職大学院国際マネジメント研究科
11 中央大学大学院戦略経営研究科
12 英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラム
13 筑波大学大学院システム情報工学研究科
14 首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 
15 SBI大学院大学経営管理研究科
16 産業能率大学大学院総合マネジメント研究科
17 小樽商科大学大学院商学研究科
18 明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科
19 南山大学大学院ビジネス研究科
20 金沢工業大学大学院工学研究科ビジネスアーキテクト専攻

出典「日経Bizアカデミー」

最後に、日本国内の中でもビジネスパーソンが入学したいと思える日本国内人気MBAランキングを紹介する。

日本国内人気MBAランキング

以下は、ビジネスパーソンが通ってみたいMBA(ビジネススクール)はどこかというテーマの下、日本経済新聞社と日経HRは共同で調査実施、全国の20~40歳代を中心とするビジネスパーソンの回答を基に作成したランキングである。

引用は一部のため詳細は引用元のURLを参照のこと。

日本国内人気MBAランキング(東日本編)

東京・東日本

順位 点数 ビジネススクール名
1 1597点 慶應義塾大学大学院経営管理研究科経営管理専攻
2 749点 グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻
3 729点 一橋大学大学院商学研究科経営学修士コース
4 702点 早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻
5 633点 一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営・金融専攻
6 495点 マサチューセッツ工科大学MBAプログラム
7 381点 筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻
8 350点 横浜国立大学大学院国際社会科学府経営学専攻
9 277点 ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科経営管理専攻
10 264点 青山学院大学専門職大学院国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻

日本国内人気MBAランキング(西日本編)

西日本・京都

順位 点数 ビジネススクール名
1 1348点 京都大学大学院経営管理教育部経営管理専攻
2 904点 神戸大学大学院営学研究科現代経営学専攻
3 480点 グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻
4 467点 同志社大学大学院ビジネス研究科ビジネス専攻
5 430点 九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻
6 382点 立命館大学大学院経営管理研究科経営管理専攻
7 303点 関西学院大学経営戦略研究科経営戦略専攻
8 297点 立命館アジア太平洋大学大学院経営管理研究科経営管理専攻
9 266点 大阪府立大学大学院経済学研究科経営学専攻
10 158点 大阪経済大学大学院経営学研究科経営学専攻

出典「日経Bizアカデミー-東は慶應院、西は京大院」:http://bizacademy.nikkei.co.jp/feature/article.aspx?id=MMACz2000026062014

本記事にて紹介した日本国内MBAランキングが、あなたのMBA受験校選択の助けとなり、より輝かしい転職やキャリアデザインの実現の一助となれば幸いである。

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。