商社2

総合商社・専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング

総合商社といえば、五大商社と呼ばれる三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅をはじめとして、豊田通商や双日が有名である。

総合商社および専門商社は「世界を飛び回る刺激的な仕事内容」と「破格の給与水準」が組み合わさって就職活動生の憧れの的となっている。

最初に、そんな総合商社と専門商社別の年種ランキングを示す。

総合商社・専門商社別のトップ7平均年収ランキング

お金

総合商社の平均年収ランキング

順位 企業名 平均年齢 年収
1位 三菱商事 42.5歳 1,386万
2位 伊藤忠商事 41.5歳 1,383万
3位 住友商事 42.8歳 1,255万
4位 丸紅 41.4歳 1,221万
5位 三井物産 42.4歳 1,213万
6位 双日 42.2歳 1,090万
7位 豊田通商 41.2歳 998万

出典「各社の有価証券報告書」

五大商社と呼ばれる三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅全ての平均年収が1,000万円を超えており、破格の給与が支払われていることが分かる。

専門商社の平均年収ランキング

順位 企業名 平均年齢 年収
1位 伊藤忠エネクス 41.1歳 895万
2位 ミツウロコグループHD 39.0歳 886万
3位 三洋貿易 40.5歳 875万
4位 稲畑産業 40.9歳 874万
5位 長瀬産業 39.7歳 870万
6位 OUGHD 49.6歳 867万
7位 因幡電機産業 38.8歳 858万

出典「各社の有価証券報告書」

総合商社とは異なり、専門商社の場合には、取り扱い商品が限られるため、若干平均年収が下がるものの、他の業界と比較して非常に高い賃金水準を誇っている。

総合商社の驚異の年収

就職活動生や転職希望者が企業選びに参考にする指標として有名なものに「就職偏差値ランキング」というものが存在する。また、この「就職偏差値ランキング」というものは、業界別に存在し、商社・専門商社業界にも例外なく「就職偏差値ランキング」なるものが存在する。

受験とは異なり就職活動に共通試験など存在しないため、企業に偏差値など存在するわけがない。それにも拘わらず、多くの新卒の就職活動生のみならず、就業経験のある転職者までもが就職偏差値の高低を競い合う始末である。

以下は、総合商社と専門商社を混合し作成された就職偏差値ランキングと想定される。インターネットで検索した所、「就職偏差値ランキング委員会様」および「偏差値ランキング図書館様」上位に表示されたため、上記サイトの「総合商社・専門商社就職偏差値ランキング」を紹介する。

総合商社・専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング

商社

総合商社・専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング①(就職偏差値ランキング委員会)

就職偏差値 企業名
78 三菱商事
76 三井物産
75 住友商事
74 伊藤忠商事
73 丸紅
68 豊田通商
66 双日
60 メタルワン
59 伊藤忠丸紅鉄鋼 日立ハイテク
58 長瀬産業 阪和興業
57 日本紙パルプ 岡谷鋼機 稲畑産業
56 豊島 兼松
55 住金物産 岩谷産業
54 JFE商事 伊藤忠エネクス
53 西華産業 神鋼商事 日鐵商事
52 第一実業 瀧定
51 NI帝人商事 東京産業
50 内田洋行 三谷商事 都築電機 日本出版販売
49 守谷商会 新光商事 トーメンデバ 因幡電機
48 ダイワボウ情報システム 兼松エレクトロ
47 JALUX 日商エレクトロニクス ユアサ商事
46 原田産業 クラヤ三星堂 菱食 伊藤忠食品
45 佐鳥電機 丸文 高千穂電機 トーメンエレ
44 財閥系子会社
43 高千穂交易 トラスコ中山
42 加賀電子 マクニカ
41 山善
40以下 その他数多なる商社

出典「就職偏差値ランキング委員会-商社業界の就職偏差値ランキング」:http://jobrankingcommittee.com

総合商社・専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング②(偏差値ランキング図書館)

就職偏差値 企業名
71 三菱商事
70 三井物産
67 住友商事 伊藤忠商事
64 丸紅
62 豊田通商
60 双日
58 阪和興業 長瀬産業 岩谷産業 住金物産 日立ハイテクノロジーズ 兼松
57 トーメン 岡谷鋼機 稲畑産業 豊島 JFE商事 メタルワン 伊藤忠丸紅鉄鋼
56 キャノン販売 伊藤忠エネクス ネットワン トッキ 原田産業 兼松エレクトロニクス 日本紙パルプ商事 日鐵商事 ソーダニッカ
55 立花エレテック 都築電気 サンゲツ 三信電気 スズケン 内田洋行 守谷商会 伊藤忠食品 コニシ 東海染工 カナデン
54 クラヤ三星堂 佐鳥電機 NI帝人商事 瀧定 第一実業 中央魚類 JALUX
53 高千穂交易 高千穂電気 ユーエスシー トーメンエレクトロ サカタインクス
52 スターゼン 丸文 加賀電子 因幡電機産業 第一実業 菱食
51 伯東 松田産業 モンテ物産 黒田電気 マクニカ 山善 トラスコ中山 富士通デバイス 日伝 大東紡織 ツカモト 
50 萬世電機 東洋物産 東陽テクニカ 杉本商事

出典「就職偏差値ランキング図書館-商社就職偏差値ランキング」:http://2chreport.net/com_7.htm

 

専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング(就職偏差値ランキング委員会)

専門商社

以下は、専門商社に特化した作成された就職偏差値ランキングと想定される。

就職偏差値 企業名
70 メタルワン
69 伊藤忠丸紅鉄鋼
68 長瀬産業 岩谷産業
67 JFE商事 阪和興業
66 日立ハイテク
65 住金物産 稲畑産業 岡谷鋼機
64 日本紙パルプ商事 豊島
63 日鐵商事 西華産業 蝶理 兼松 NI帝人商事 ホンダトレーディング CMJ
62 日本エアロスペース エルエヌジージャパン 瀧定 ヤギ
61 第一実業 椿本興業 明和産業 神鋼商事 都築電機 守谷商会
60 ユアサ商事 国分 三谷商事 CBC 極東貿易 マクニカ トーメンデバイス 東京エレクトロンデバイス
59 メディパルHD 因幡電機産業 全日空商事 UKCHD
58 東京貿易 エレマテック 日本出版販売 加賀電子 リョーサン 三愛石油 サンリオ
57 スズケン 興和 富士通エレクトロニクス トーメンエレクトロニクス
56 メディセオ 日本アクセス 日商エレクトロニクス 東陽テクニカ 三信電気 原田産業 新光商事 ナイス
55 トラスコ中山 日通商事 エムシーエネルギー 立花エレテック カナデン スターゼン ダイワボウ情報システム 東京産業
54 JALUX 極洋 佐鳥電機 花王カスタマー エムシーファッション 川重商事 エムシートレーディング エムシーカーボン 黒田電気 菱電商事
53 内田洋行 高千穂交易 山善 モリリン エムシーファーティコム
52 スミテックスインターナショナル 電機資材 ヨネイ
51 丸文 バイテック ソーダニッカ 東方物産 伯東 リテールシステムサービス エムエスケー農業機械 MC山三ポリマーズ 中央化成 三陽商会 菱光産業 アートコーヒー 日伝 トーハン

出典「就職偏差値ランキング委員会-専門商社業界の就職偏差値ランキング」:http://jobrankingcommittee.com

引用元の大手就職偏差値掲載サイトである「就職偏差値ランキング委員会」および「偏差値ランキング図書館」のHPの隅々まで調べたが就職偏差値の定義すら不明であり、その算出方法すら明記されていない。

算出根拠としては、年収や高学歴比率、平均勤続年数、3年以内離職率等々が考えられるが、察するにそのような定量的な指標を用いてこの就職偏差値ランキングというものが作成された訳ではなく、主観的な視点や企業に抱くイメージで作成されたものではないだろうか?

 

総合商社業界の転職人気企業ランキング

人気

商社・流通の転職人気企業ランキング(DODA)

今回は、上述した「総合商社・専門商社就職偏差値・就職難易度ランキング」の代わりとして参考になりそうなランキングを紹介する。以下に示すのは、大手転職サイト「DODA」が転職者を対象に調査を行った「総合商社業界の転職人気企業ランキング」である。

就業経験のある社会人を対象にアンケートを取っているため、何の根拠もない就職偏差値ランキングよりは、参考になることは間違いないだろう。

順位 企業名
1位 三菱商事
2位 三井物産
3位 伊藤忠商事
4位 丸紅
5位 住友商事
6位 豊田通商
7位 大塚商会
8位 双日
9位 兼松
10位 オーウィル

出典「DODA転職人気企業ランキング-業種別」:https://doda.jp/guide/popular/2012/001.html

商社・流通の転職人気企業ランキング(Vokers)

以下は、大手転職サイト「Vokers」が日々書き込まれる口コミの内容を基に更新している総合評価ランキングである。

評価項目は、待遇面の満足度、士気、風通しの良さ、相互尊重、20代成長環境等々である。

順位 企業名 点数
1位 伊藤忠商事 4.44点
2位 三井物産 4.37点
3位 三菱商事 4.35点
4位 住友商事 4.03点
5位 丸紅 3.98点
6位 双日 3.87点
7位 豊田通商 3.78点
8位 兼松 3.38点

出典「Vorkers総合商社業界の総合評価ランキング」:https://www.vorkers.com

 

大商社・七大商社の年収・事業内容比較まとめ

ビジネスマン

最後に、五大商社と七大商社と呼ばれる総合商社の事業概要について紹介しよう。

五大商社とは、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅から構成される企業群。就職活動生の憧れの的であり、就職人気企業ランキングでは常に上位に位置している。

三菱商事の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1,386万 18.5年 42.6歳 6,290名
事業概要
三菱商事株式会社は、三菱グループの大手総合商社であり、総合商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅、豊田通商、双日)中のトップである。五大商社の一角でもある。資源分野、非資源分野ともに強固な収益基盤を持つ。資源では石炭とLNGが主力。資源開発への直接投資からローソンを通じた消費者マーケットの開拓など、川上から川下までの領域にわたっての投資や経営参画を通じて収益を上げる体質変化を遂げ、収益拡大を続けている。
関係会社一覧
三菱商事マシナリ、三菱商事パワー、三菱商事パワーシステムズ、エー・アイ・キャピタル、MCアビエーション・パートナーズ、三菱商事・ユービーエス・リアルティ、三菱商事アセットマネジメント、三菱商事ロジスティクス、三菱商事都市開発、シナリバー・アビエーション・ファイナンシング、アンゴラ石油、三菱商事エネルギー、三菱商事石油開発、メタルワン、メタルワン鋼管、三菱商事RtMジャパン、サステック、三菱商事テクノス、エム・エス・ケー農業機械、中央化学、中央化成、吉比化成、興人ホールディングス、エムシー・ファーティコム、三菱商事ライフサイエンス、三菱商事プラスチック、三菱商事ファッション、三菱商事建材、三菱商事パッケージング、三菱食品、日本食品化工、日本ケアサプライ、日東富士製粉、三菱商事ケミカル、アートコーヒー、大日本明治製糖、ローソン・エイティエム・ネットワークス、ローソン、ロイヤリティマーケティング等々

三井物産の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1,363万 18.9年 42.4歳 6,006名
事業概要
三井物産株式会社は、三井グループの大手総合商社であり、五大商社の一角でもある。三井物産の強みは、資源分野を中心に強い収益基盤を有することで、業界では『資源の三井物産』と呼ばれるほど強い収益基盤を有する。具体的には、鉄鉱石、原油・ガス、LNGが強い。原油・ガスの生産量は商社トップである。三井物産としての特徴は「組織の三菱」に対し、「人の三井」といわれ、組織力はありませんが傑出した逸材を多数輩出している。
関係会社一覧
三井物産スチール、三井物産カッパーインベストメント、三井物産メタルズ、三井物産プラントシステム、東京国際エアカーゴターミナル、三井物産マシンテック、東洋船舶、三井物産エアロスペース、日本アラビアメタノール、三井物産ケミカル、三井物産プラスチック、三井物産アグロビジネス、三井石油開発、東邦物産、三井食品、物産ロジスティクスソリューションズ、三井物産フォーサイト、日本マイクロバイオファーマ、三井物産アイ・ファッション、三井物産都市開発、三井情報、三井物産エレクトロニクス、三井物産セキュアディレクション、三井物産インシュアランス、三井物産グローバル投資、三井物産企業投資、三井物産アセットマネジメント・ホールディングス、トライネット・ロジスティクス等々

住友商事の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1,255万 18.5年 42.9歳 5,204名
事業概要
住友商事株式会社は、住友グループの大手総合商社であり、五大商社の一角でもある。「常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループを目指す」ことを企業ビジョンとして掲げており、堅実経営が強みの商社。資源分野は非鉄金属に強み。非資源分野はケーブルテレビのジュピターテレコム、モンゴルで最大の携帯会社のモビコム、IT大手のSCSK、スーパーのサミットストア、ドラッグストアのトモズなどを傘下に持ち、バランスのとれた事業ポートフォリオを構築している。
関係会社一覧
住商メタレックス、住商鋼管、住友商事グローバルメタルズ、住友商事マシネックス、住商グローバル・ロジスティクス、住商ブランドマネジメント、住商セメント、住友商事ケミカル、住友商事フィナンシャルマネジメント、住友三井オートサービス、大島造船所、三井住友ファイナンス&リース、ジュピターテレコム、ティーガイア、マミーマート、セブン工業、日新製糖、エルエヌジージャパン、日本コークス工業、エネサンスホールディングス等々

伊藤忠商事の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1,382万 16.7年 41.5歳 4,279名
事業概要
伊藤忠商事株式会社は、みずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社であり、五大商社の一角でもある。従来から繊維や食料等の非資源に強みを持ち、アルマーニ、ポール・スミス、レスポートサック、コンバース等のブランドビジネスで成功を収めている。伊藤忠商事は、創業者の伊藤忠兵衛が事業の基盤としていた近江商人の経営哲学「三方よし」の精神を非常に大切にしていることで有名である。「三方よし」とは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という事業に関わる三者のそれぞれが満足する事業のあり方を追求すれば、結果として伊藤忠商事も成長できるという考え方である。
関係会社一覧
伊藤忠テクノソリューションズ、エドウイン、レリアン、アイメックス、伊藤忠アビエーション、伊藤忠プランテック、日本エアロスペース、伊藤忠建機、伊藤忠マシンテクノス、センチュリーメディカル、伊藤忠メタルズ、日伯鉄鉱石、伊藤忠エネクス、伊藤忠プラスチックス、伊藤忠ケミカルフロンティア、伊藤忠リーテイルリンク、伊藤忠製糖、伊藤忠飼料、伊藤忠食糧、日本アクセス、伊藤忠建材、伊藤忠紙パルプ、伊藤忠ロジスティクス、伊藤忠都市開発、伊藤忠インターナショナル会社

丸紅の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1226万 16.7年 41.4歳 4,437名
事業概要
丸紅株式会社株式会社は、みずほグループの大手総合商社であり、五大商社の一角でもある。丸紅は、紙パルプ、穀物の取扱高において業界トップを誇っており、また、プラント製作や電力部門でもトップクラスの強みを持っている。 丸紅が扱っている事業は、エネルギー部門24%、食品部門が20%を占め、この二つが売上の柱となってる。非資源・資源ともにバランスのとれたポートフォリオを構築している。
関係会社一覧
ウェルファムフーズ、ジャパン・リート・アドバイザーズ、日清丸紅飼料、パシフィックグレーンセンター、ベニレイ、丸紅インテックス、丸紅情報システムズ、丸紅セーフネット、丸紅ファッションリンク、丸紅不動産販売、丸紅メイト、丸紅ロジスティクス、興亜工業、福山製紙、丸紅紙パルプ販売、丸紅ケミックス、丸紅エネルギー、丸紅テツゲン、丸紅メタル、日本洋上風力、丸紅新電力、丸紅テクマテックス、丸紅パワーシステムズ、丸紅エアロスペース、丸紅フィナンシャルサービス等々

次に、七大商社について紹介する。七大商社とは、五大商社の三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅に、豊田通商、双日の二社を加えた企業群である。

以下に、豊田通商と双日の企業概要を示す。

⑥双日の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
1090万 15.4年 42.2歳 2,318名
事業概要
双日株式会社は、ニチメン株式会社、日商岩井株式会社が統合して出来た大手総合商社である。両社ともに「日」を頭文字としていたことから、双日という社名となった。双日の強みは旅行などで利用される飛行機事業にある。ボンバルディアやボーイングの代理店となり民間航空機は双日が扱っている商材の一つであり、ボーイング社と一体となって民間航空機の販売活動に実施し、日本国内シェアは85%以上に達している。機械宇宙航空事業のほか、エネルギー金属資源・化学品合成樹脂・建設木材・生活産業と分散された事業ポートフォリオを確保していることも特徴で収益が安定している。
関係会社一覧
双日オートモーティブエンジニアリング、双日エアロスペース、双日マリンアンドエンジニアリング、日商エレクトロニクス、双日システムズ、双日マシナリー、未来創電上北六ヶ所、東京油槽、双日ジェクト、双日プラネット、プラマテルズ、双日建材、第一紡績、双日ファッション、双日食料、双日インフィニティ、双日ジーエムシー、双日総合管理、双日新都市開発、双日九州、双日ロジスティクス、双日インシュアランス、双日シェアードサービス、双日総合研究所、双日ツーリスト等々

⑦豊田通商の事業概要

年収 平均勤続年数 平均年齢 従業員数
997万 15.8年 41.2歳 2,829名
事業概要
豊田通商株式会社は、その名の通りトヨタグループの総合商社である。豊田通商の強みは、①モビリティ(自動車関連)、②ライフ&コミュニティ(生活産業関連)、③リソース&エンバイロメント(環境、資源・エネルギー関連)の3分野にある。取引先はトヨタ自動車に限らず、自動車分野では、日野自動車やスバル(旧富士重工業)、ダイハツなどと取引を行っており、自動車部品を150か国余りに輸出している。豊田通商は、企業として「現地・現物・現実」の3現主義を重視している点も大きな特徴といえる。
関係会社一覧
トヨタ自動車、豊田スチールセンター、豊通マテリアル、ユーラスエナジーホールディングス、豊通マシナリー、豊通エネルギー、トーメンエレクトロニクス、エレマテック、トーメンデバイス、豊通ケミプラス、TDモバイル、豊通保険パートナーズ、日野セールスサポート、三洋化成工業、SDPグローバル、第一屋製パン、中央精機等々

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。