学歴コンプレックス

学歴コンプレックスの意味や特徴

あなたは自分の学歴に劣等感を感じていますか?「学歴コンプレックス」とは、自分自身の学歴(主に出身の高校や大学)に対する「劣等感」を表すために用いられている言葉です。日本はアメリカほどではないにしても、やはり学歴によって選別されてしまう仕組みを持つ社会、つまり学歴社会ということもあり学歴という要素にこだわりすぎてしまう方は多いようです。学歴は一生ついてくるものなのでコンプレックスになりやすいのは確かなことですが、コンプレックスに縛られてしまうと自由に人生を歩めなくなってしまいます。

学歴コンプレックスの特徴として、自分と比較して高学歴である人に対する嫉妬心の表面化異常に学歴を気にする言動を取りやすいというものが挙げられます。何でも学歴のせいにする、必要以上に学歴を聞いてくる、子供の教育に異常に執着し理想を押し付ける・・などなど。また、学歴コンプレックスを抱く人には完璧主義者が多いといわれています。完璧主義者を言い換えれば、自分自身に関わる要素の全てが納得する水準を満たしていないといつまでも納得できない人です。そのために、中卒・高卒の人だけでなく、有名大卒や有名大学院卒の人々で学歴コンプレックスを抱いている人は非常に多いのです。

コンプレックス

学歴はなぜコンプレックスになりやすいのか?

コンプレックス要因となりやすい学歴の性質

以下のような場面において人は自分の学歴の価値を改めて考えるといわれています。

1:就職・転職活動時の選考にて上手くいかないとき

2:結婚・恋愛市場にて学歴差別を受けたとき

3:学歴を理由に理想とする選択肢を選べないなどの不利益が生じたとき

4:自分の転職市場での価値を考えたとき

5:役職の低い部下が自分よりも高い学歴保有者であると知ったとき

6:学歴で褒められる、または否定されてしまったとき

7:子供の進路先や勉強方針を考えるとき

8:出世に失敗したとき

9:自分の人生を振り返ったとき

自分の人生が理想通りにいかないときに学歴を気にしてしまったり、直接的に自分自身の学歴を否定されたときに学歴コンプレックスに陥ってしまうひとが多いのです。

コンプレックスの解消法

学歴コンプレックスの克服方法は?

学歴コンプレックスの解消方法は大きくわけると二つ存在します。
(1):自分の学歴を変える
(2):自分の学歴に対する価値観を変える
という二択しかないのです。

克服方法(1):自分の学歴を理想とする学歴へ変えてしまいましょう

学歴コンプレックスの解消方法として最も有効である手段は、「自分の理想とする高い学歴を手に入れる」という手段に尽きます。しかし、この方法は最も有効な手段である分、最も困難な手段であるともいえるでしょう。時間もない、英語も数学も忘れて知識もない、そもそも学力に自信がないという方もいらっしゃるでしょう。ですが諦めてはいけません。「自分には無理」と決めつけずに、思い切って挑戦してみるのも、一つの選択肢と言えるでしょう。正しい戦略とノウハウさえあれば、どのような人でも理想の学歴を手に入れられるのです。

【追記】学歴コンプレックスの解決手段として、難関資格の取得を考えられる方がいらっしゃいますがおすすめしません。公認会計士や税理士、社労士、技術士、中小企業診断士、TOEIC990点、英語検定1級というような難関資格を取得したところで、それは資格であり決して学歴ではないからです。もちろん資格も学力の指標とはなりますが、学歴コンプレックスを気にされるような完璧主義者の方は、○○大学卒というような出身校という同じ土俵で他人と比較して納得できる位置に自分自身を置けないと満足できないでしょう。

克服方法(2):自分の学歴に対する考え方や価値観を改めましょう

学歴、勤め先、年収、年齢、容姿…その他にも他人と比べられる要素は数え切れないほど存在します。全ての要素に関して他人よりも上位に位置するなんて不可能に近いです。学歴による優劣は、世間が勝手に作った価値観にすぎません。学歴コンプレックスに陥ってしまう人は無意識に他人と自分を比べてしまう思考の癖を持っています。あなたが自意識過剰なだけで誰もあなたの学歴になんて興味がないのかもしれません。人生は一度しかありません。学歴に縛られてやりたいことにも挑戦せず諦めてしまうような価値観とともに歩む人生は果たしてあなたの理想とする人生でしょうか?

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。