名古屋大学

名古屋大学の法学部・経済学部・文学部・教育学部(文系)の大手就職率・就職先・就職実績・進路情報大全集!!

名古屋大学(Nagoya University)、1939年に設置された愛知県の国立大学である。大学の略称は名大。帝国大学の流れを汲む国立大学であり、東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、九州大学から構成される旧帝大学という大学群に属する難関大学である。スーパーグローバル大学の指定校でもある。

名古屋大学は、1939年に創設された名古屋帝国大学を起源とする大学であり、最後に設置された帝国大学でもある。名古屋帝国大学設立時点では、医学部と理工学部から構成される生粋の理系大学であった。

その後、法経学部、文学部、教育学部、農学部、情報文化学部等々と学部が設置されていった経緯がある。「勇気ある知識人を育てる」ことを目指している。

名古屋大学の難易度・偏差値は、大阪大学には及ばないものの旧帝大学の中では上位に位置し、九州大学や北海道大学を凌駕する。名古屋大学のキャンパスがある愛知県はトヨタ自動車の本社があり、就職に強いことで有名である。

また、名古屋大学は就職に強く、大企業就職先ランキングで第13位に位置している。今回は名古屋大学の以下の学部・学科の進路・就職実績を紹介する。

①名古屋大学法学部
・法律・政治学科

②名古屋大学経済学部
・経済学科
・経営学科

③名古屋大学文学部
・文芸言語学コース
・哲学倫理学コース
・歴史学・人類学コース
・環境行動学コース

④名古屋大学教育学部
・教育学系
・心理学系

大企業就職率大学ランキング

1 一橋大学(54.5%、486人)
2 東京工業大学(53.7%、832人)
3 国際教養大学(45.8%、65人)
4 豊田工業大学(44.6%、29人)
5 慶應義塾大学(41.6%、2,779人)
6 大阪大学(32.9%、1,405人)
7 名古屋工業大学(32.0%、303人)
8 京都大学(31.8%、1,244人)
9 上智大学(31.6%、777人)
10 東京理科大学(30.5%、877人)
11 早稲田大学(30.3%、3,347人)
12 電気通信大学(30.3%、283人)
13 名古屋大学(29.6%、730人)
14 神戸大学(27.8%、816人)
15 九州工業大学(27.1%、293人)
16 聖心女子大学(27.0%)
17 東京大学(26.5%、1,489人)
18 同志社大学(25.5%、1,466人)
19 東京農工大学(25.3%、258人)
20 東北大学(25.1%、828人)
21 国際基督教大学(24.6%)
22 東京外国語大学(24.6%)
23 京都工芸繊維大学(24.5%)
24 立教大学(24.3%)
25 津田塾大学(24.1%)
26 学習院大学(23.7%、409人)
27 九州大学(23.4%、870人)
28 東京女子大学(23.4%)
29 長岡技術科学大学(23.3%、99人)
30 青山学院大学(23.2%)
31 お茶の水女子大学(23.0%、123人)
32 豊橋技術科学大学(22.3%、103人)
33 横浜国立大学(22.3%、231人)
34 芝浦工業大学(21.6%、372人)
35 大阪府立大学(20.9%、306人)
36 小樽商科大学(20.8%)
37 大阪市立大学(20.5%、207人)
38 関西学院大学(20.5%、1,058人)
39 北海道大学(20.4%、663人)
40 明治大学(19.9%、1,471人)
41 筑波大学(19.8%、570人)
42 日本女子大学(19.5%)
43 立命館大学(19.4%、1,378人)
44 中央大学(18.7%、1,071人)
45 首都大学東京(18.6%、345人)
46 成蹊大学(18.6%)
47 筑波技術大学(17.9%、12人)
48 白百合女子大学(17.6%)
49 清泉女子大学(16.3%)
50 法政大学(16.2%)
51 関西大学(15.6%)
52 千葉大学(15.3%、429人)
53 奈良女子大学(14.3%)
54 東京都市大学(14.2%)
55 横浜市立大学(13.9%、123人)
56 滋賀大学(13.7%)
57 東洋英和女学院大学(13.6%)
58 成城大学(13.0%)
59 神戸女学院大学(12.7%)
60 広島大学(12.5%、326人)
61 金沢大学(12.4%、233人)
62 神戸市外国語大学(12.3%)
63 西南学院大学(12.2%)
64 明治学院大学(11.8%)
65 昭和女子大学(11.3%)
66 甲南大学(11.3%)
67 東京薬科大学(11.0%、58人)
68 静岡大学(10.6%)
69 名古屋市立大学(10.4%、68人)
70 熊本大学(10.4%、200人)
71 大阪薬科大学(10.3%、28人)
72 はこだて未来大学(9.9%)
73 長崎大学(9.7%、140人)
74 創価大学(9.6%、163人)
75 東京電機大学(9.5%、173人)
76 和歌山大学(9.5%)
77 宮崎公立大学(9.4%)
78 京都女子大学(9.4%)
79 大妻女子大学(9.3%)
80 宇都宮大学(9.2%)
81 鹿児島大学(9.2%)
82 岡山大学(9.1%、252人)
83 秋田県立大学(8.7%、33人)
84 東京海洋大学(8.6%、43人)
85 京都産業大学(8.2%)
86 静岡文化芸術大学(8.1%)
87 岩手大学(8.0%)
88 高知工科大学(7.8%、33人)
89 金城学院大学(7.8%)
90 東北学院大学(7.8%)
91 日本大学(7.7%、1,060人)
92 新潟大学(7.7%、189人)
93 工学院大学(7.7%、96人)
94 山口大学(7.6%、137人)
95 山形大学(7.5%)
96 福井大学(7.4%、70人)
97 獨協大学(7.4%)
98 青森中央学院大学(7.3%、9人)
99 西南女学院大学(7.3%)
100 下関市立大学(7.3%)
101 京都薬科大学(7.2%、25人)
102 筑紫女学院大学(7.2%)
103 広島市立大学(7.0%)
104 神戸外語大学(7.0%)
105 大阪工業大学(6.9%)
106 金沢工業大学(6.7%、93人)
107 会津大学(6.7%)
108 静岡県立大学(6.6%)
109 椙山女学院大学(6.6%)
110 佐賀大学(6.4%、92人)
111 福岡大学(6.4%)
112 甲南女子大学(6.4%)
113 跡見学園女子大学(6.4%)
114 福島大学(6.1%)
115 星薬科大学(6.0%、14人)
116 東海大学(5.9%、340人)
117 鳥取大学(5.9%、69人)
118 香川大学(5.9%)
119 名古屋外語大学(5.9%)
120 秋田大学(5.9%)
121 武蔵大学(5.9%)
122 神戸薬科大学(5.8%、15人)
123 大分大学(5.8%)
124 愛知淑徳大学(5.8%)
125 東洋大学(5.8%)
126 近畿大学(5.7%、373人)
127 産業医科大学(5.6%、10人)
128 國學院大學(5.6%)
129 千葉工業大学(5.5%、92人)
130 明治薬科大学(5.4%、18人)
131 武庫川大学(5.4%)
132 龍谷大学(5.4%)
133 東京聖栄大学(5.2%)

出典:就職先有名企業400社の実就職率ランキング

 

次に、名古屋大学法学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

名古屋大学法学部の就職先・進路・就職実績

名古屋大学法学部は、1948年に設立された名古屋大学法経学部を起源としている。その後、名古屋大学法経学部に法律学科・政治学科が設立され、1950年に法経学部が法学部と経済学部に分離し、現在の名古屋大学法学部となっている。

名古屋大学法学部の卒業生は、専門的法律家(法曹)や法学および政治学の研究者の他、公務員、民間企業、ジャーナリストなど、進路は多岐にわたっている。男女比は、男70%・女30%と男性がやや多い男女比率となっている。

◆名古屋大学法学部の就職先・進路・就職実績

●名古屋大学法学部の就職先ランキング
(1)愛知県職員 21名
(2)名古屋市職員 17名
(3)三菱東京UFJ銀行 8名
(4)アイシン精機 6名
(5)トヨタ自動車 5名
(6)三井住友銀行 5名
(7)中部電力 5名
(8)デンソー 4名
(9)三重県職員 4名
(10)住友生命保険 4名

出典「名古屋大学法学部の就職先・進路に関するページ」:http://daigakujc.jp

●名古屋大学法学部の主な就職先
①民間企業
IHI、NTTドコモ、鹿島建設、サントリーホールディングス、デンソー、東海旅客鉄道、中日本高速道路、西日本電信電話、三井物産、みずほフィナンシャルグループ、大垣共立銀行、十六銀行、住友生命保険、住友電気工業、中部電力、東邦ガス、豊田自動織機、西日本電信電話、ニトリ、富士通
②公務員等
愛知県職員、岐阜県職員、東海財務局、東京都職員、名古屋市職員、警察庁、内閣府、名古屋高等裁判所、名古屋市職員

出典「名古屋大学法学部の就職先・進路に関するページ」:http://syusyoku.jimu.nagoya-u.ac.jp/data

 

 

次に、名古屋大学経済学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

名古屋大学経済学部の就職先・進路・就職実績

名古屋大学経済学部は、1948年に設立された名古屋大学法経学部を起源としている。1950年に法経学部が法学部と経済学部に分離し、現在の名古屋大学経済学部となっている。

名古屋大学経済学部は、経済学科と経営学科の2学科から構成されている。経済学科では、現代資本主義、経済学史、農業政策、財政、金融、国際経済、公共経済などの専門科目を学ぶ。

また、経営学科では、ファイナンス、マーケティング、国際会計、財務会計、管理会計、経営組織、経営戦略などの専門的な科目を学ぶ。男女比は、男69%・女31%と男性がやや多い男女比率となっている。

◆名古屋大学経済学部の就職先・進路・就職実績

●名古屋大学経済学部の就職先ランキング
(1)名古屋市職員 23名
(2)三菱東京UFJ銀行 22名
(3)愛知県職員 20名
(4)デンソー 14名
(5)東京海上日動火災保険 12名
(6)三菱電機 8名
(7)ブラザー工業 8名
(8)三井住友銀行 8名
(9)豊田自動織機 6名
(10)日本ガイシ 6名

出典「名古屋大学経済学部の就職先・進路に関するページ」:http://daigakujc.jp

●名古屋大学経済学部の主な就職先
①民間企業
IHI、NTTドコモ、鹿島建設、サントリーホールディングス、デンソー、東海旅客鉄道、中日本高速道路、西日本電信電話、三井物産、みずほフィナンシャルグループ、大垣共立銀行、十六銀行、住友生命保険、住友電気工業、中部電力、東邦ガス、豊田自動織機、西日本電信電話、ニトリ、富士通
②公務員等
愛知県職員、岐阜県職員、東海財務局、東京都職員、名古屋市職員、警察庁、内閣府、名古屋高等裁判所、名古屋市職員

出典「名古屋大学経済学部の就職先・進路に関するページ」:http://syusyoku.jimu.nagoya-u.ac.jp/data

 

 

 

次に、名古屋大学文学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

名古屋大学文学部の就職先・進路・就職実績

名古屋大学文学部は、1948年に旧制名古屋大学に文学部、1953年には大学院文学研究科が設立。男女比は、男34%・女66%と女性がやや多い男女比率となっている。

名古屋大学文学部は、文芸言語学、哲学倫理学、歴史学・人類学、環境行動学の4コースから構成されており、21専門分野を学ぶことが出来る。4コースの中から1つの専攻を選択し、専門性を高められる教育プログラムとなっている。

名古屋大学文学部の卒業生は、論理的な思考力を持ち、人間の意識と行動についての総合的理解を身につけた有為な人材として、民間企業、公務員などのさまざまな分野で活躍している。最近では大学院へ進学し、2年間の修士課程を修了した後に就職するケースが増えている。

◆名古屋大学文学部の就職先・進路・就職実績

●名古屋大学文学部の就職先ランキング
(1)愛知県職員 22名
(2)愛知県教員 18名
(3)名古屋市職員 13名
(4)岐阜県教員 7名
(5)岐阜県職員 5名
(6)三重県職員 5名
(7)静岡県職員 4名
(8)中日新聞社 4名
(9)名古屋大学職員 4名
(10)三菱東京UFJ銀行 3名

出典「名古屋大学文学部の就職先・進路に関するページ」:http://daigakujc.jp

●名古屋大学文学部の主な就職先
①民間企業
NTTドコモ、アイシン・エィ・ダブリュ、アビームシステムズ、オービック、講談社、集英社、竹中工務店、中日新聞社、日本放送協会、ニトリ、江崎グリコ、大垣共立銀行、中日新聞社、中部電力、東海旅客鉄道、東京海上日動火災保険、名古屋鉄道、日本電気、日本郵便、パナソニック、BTVケーブルテレビ、JFEエンジニアリング、JR東海、JTB、JTB中部、TIS、愛知製鋼、一般財団法人日本規格協会、インテック、兼松、クイックコンサルティング、コーエーテクモゲームス、コミュニティーネットワークセンター、三愛企画、シーカンパニー、清水銀行、社会保険診療報酬支払基金、十六銀行、スズキ、スズケン、千趣会、大日本印刷、中電シーティーアイ、中部住器、中部テレコミニケーション、テイコク、デザインフィル、東京海上日動火災保険、東陽倉庫、独立法人都市再生機構、豊田合成、トヨタコミュニケーションシステム、豊田通商、名古屋銀行、日本海事協会、日本生命相互会社、東日本旅客鉄道、日立製作所、富士通、ブラザー工業株、マイナビ、三井住友海上火災保険、森永製菓、森永乳業、ゆうちょ銀行
②公務員等
愛知県教員、愛知県職員、愛知労働局、豊田市職員、名古屋大学職員、環境省、名古屋市職員、防衛省

出典「名古屋大学文学部の就職先・進路に関するページ」:https://www.lit.nagoya-u.ac.jp/LETTERS2017.pdf

 

 

次に、名古屋大学教育学部の就職先・進路・就職実績の就職先・進路・就職実績を紹介する。

名古屋大学教育学部の就職先・進路・就職実績

名古屋大学教育学部は、愛知県岡崎市に設立された岡崎高等師範学校を起源としており、1949年の名古屋大学発足時に教育学部として設立。附属学校として名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校を保有している。

名古屋大学教育学部の教育目標は、「教育発達科学の基礎力」、「基礎的応用力」、「知力と熱意」を養成することであり、入学定員65名の比較的小規模な学部となっている。この学生数に対して、専任の教員は40名を擁し、更に外部からの兼任教員も加わることで、学生と教員の距離が近い手厚い教育体制となっている。

◆名古屋大学教育学部の就職先・進路・就職実績

●名古屋大学教育学部の就職先ランキング
(1)名古屋市職員 7名
(2)愛知県教員 5名
(3)愛知県職員 5名
(4)名古屋大学職員 5名
(5)岐阜県教員 4名
(6)三井住友海上火災保険 4名
(7)トヨタ自動車 3名
(8)三菱東京UFJ銀行 3名
(9)長寿医療研究センター 3名
(10)日本放送協会 3名

出典「名古屋大学教育学部の就職先・進路に関するページ」:http://daigakujc.jp

●名古屋大学教育学部の主な就職先
①民間企業
アクセンチュア、かんぽ生命保険、第一生命保険、大和証券、東海理化電機製作所、東海旅客鉄道、東京海上日動火災保険、ブラザー工業、マツダ、三井住友海上火災保険、アイシン精機、アシックス、キリン、スズキ、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、博報堂、三井住友海上火災保険、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、楽天
②公務員等
愛知県教員、愛知県警察、愛知県職員、岐阜地方裁判所、名古屋市職員、静岡県職員、津島市教員、名古屋市職員

出典「名古屋大学教育学部の就職先・進路に関するページ」:http://syusyoku.jimu.nagoya-u.ac.jp/data

 

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

 

有名大学就職実績データベース

データベース

有名大学の就職実績や大手就職率、平均年収などの情報をご提供します。就職活動を行う上で重要な参考情報となります。就職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。