就職偏差値ランキング

就職偏差値ランキングよりも参考になる!!転職者が選ぶ人気企業ランキング!!

就職活動生や転職希望者が企業選びに参考にする指標として有名なものに「就職偏差値ランキング」というものが存在する。

世間体を気にする方や勤務先にアイデンティティを置く方は一度は見たことがあるのではないだろうか。無論、受験とは異なり就職活動に共通試験など存在しないため、企業に偏差値など存在するわけがない。要は全くのデタラメなのである。

筆者から見れば、当然このようなランキングを作成するのであれば、入社する学生の学歴水準や年収、採用人数の少なさ等々を考慮するべきである。そういった観点から見ても過少評価されている企業もあれば過大評価されている企業も多く見受けられる

参考程度に、以下に「就職偏差値ランキング委員会」が公表している就職偏差値ランキングを引用しよう。

■文系(総合職)就職偏差値ランキング最新版

[74] マッキンゼーアンドカンパニー ゴールドマンサックス
[73] ボストンコンサルティング モルガンスタンレー
[72] ベインアンドカンパニー ドイツ銀行
[71] ブーズ・アンド・カンパニー A.T.カーニー UBS メリルリンチ
[70] 日本銀行 バークレイズ BNPパリバ クレディスイス RBS ローランド・ベルガー アーサー・D・リトル

=== 国を揺るがすスーパーエリート ===

[69] 国際協力銀行 東京海上日動(SPEC) 三菱総研 アクセンチュア(戦略)
[68] 日本政策投資銀行 フジテレビ 三井不動産 三菱地所 LVMH ドリームインキュベータ
[67] 三菱商事 日テレ 三大出版 日本取引所 HSBC みずほ(GCF) 野村証券(コース別)
[66] 三井物産 日本郵船 NHK TBS テレ朝 電通 三菱東京UFJ銀行(戦財) 日本財団 JICA
[65] 伊藤忠商事 住友商事 JR東海 博報堂 トヨタ 商船三井 テレ東 野村総研(コンサル) デロイトトーマツコンサルティング

=== 学歴不問で大勝(超一流最大手企業) ===

[64] 丸紅 国際石油帝石 共同通信 日経 読売 朝日 準キー JXエネ 任天堂 新日鐵住金 農林中金 コーポレイトディレクション 日本経営システム 日本証券金融 三菱UFJリサーチ&コンサルティング PwC IBM(コンサル)
[63] JR東 小田急 京王 阪急 東急 東ガス 中電 出光シェル ドコモ 東急不動産 ホンダ サントリー 三菱重工 味の素 旭硝子 JFE 信越化学 NTTデータ経営研究所 EYアドバイザリー
[62] 東京海上 東電 JRA 住友不動産 東京建物 日産 キリン 三菱化学 日本総研(コンサル) みずほ総研(コンサル)
[61] JR西 大ガス 関電 中日 毎日 時事 東燃 資生堂 花王 日清製粉 アサヒ 三菱UFJ信託 川崎汽船 富士フィルム 住友化学 大和総研(リサーチ) みずほ情報総研(リサーチ) IBM(IT)
[60] 日本郵便 首都高速 KDDI JT 豊田通商 双日 住友電工 デンソー 日揮 日立 三菱電機

――― 東大京大一橋微勝ち 地底早慶勝ち ―――

[59] 三菱東京UFJ銀行(OP) 日本生命 産経 地電 電源開発 NEXCO中 NTTデータ 東レ 富士ゼロ 川崎重工 コマツ 森トラスト キーエンス キヤノン ANA 三井住友信託 武田薬品 三菱マテリアル アクセンチュア(非戦略)
[58] SMBC JFC MS海上 NKSJ 第一生命 3Mジャパン 日東電工 森ビル シグマクシス NEXCO東西 三菱倉庫 メタルワン 神戸製鋼 伊藤忠丸紅鉄鋼 旭化成 三井化学 IHI 村田製作所 ADK ソニー 野村総研(IT) ブリヂストン
[57] みずほ銀行(OP) あいおいニッセイ同和 明治安田生命 住友生命 商工中金 郵貯銀行 NTT東西 野村不動産 私鉄下位 阪神高速 JX金属 JSR 豊田織機 リコー NTTコム 富士通(SE除く) クラレ 帝人 富士通総研 日本能率協会コンサル
[56] JR九州 昭和電工 古河電工 島津製作 ニコン サッポロ 鹿島 住友金属鉱山 宇部興産 住友倉庫 ソフトバンク かんぽ生命 日本総研(IT) アビームコンサルティング
[55] りそな銀行 日立化成 日本製紙 日本板硝子 大陽日酸 積水化学 バンダイ 三菱ガス化学 YKK オムロン アドバンテスト コニカミノルタ 明治製菓 大林組 清水建設 竹中工務店 日立コンサルティング 三井倉庫 大和総研(IT) みずほ情報総研(IT)

――― 地底早慶微勝ち MARCH・関関同立勝ち ―――

出典「就職偏差値ランキング委員会ー文系就職偏差値ランキング」:http://jobrankingcommittee.com/contents.php?c0=1&c1=1&c2=2017

続いて紹介するのは理系職に就職する場合の就職偏差値ランキングだという。

■理系(総合職)就職偏差値ランキング最新版

[69] Google(ソフトウエアエンジニア) Intel JAXA
[68] NHK(放送技術) IBM基礎研 NTT基礎研 豊田中研 産総研 理研 鉄研
[67] JXエネ JR東海 Microsoft 上位金融(数理専門) 楽天研 ヤフー研
[66] ドコモ(中央) INPEX TVキー局 武田薬品 任天堂
[65] JR東 トヨタ サントリー 味の素 東ガス ANA(技術) 第一三共 パシコン キーエンス 日揮 旭硝子 NTT研(開発) KDDI研 NEC研 三化研

━━━ 超一流大手企業(超エリート)

[64] JR西 ホンダ 日清製粉 三菱化学 東燃 信越化学 アステラス エーザイ アサヒ キリン 新日鐵住金
[63] JT 三菱重工 電源開発 日清食品 大ガス 中電 出光 JX金属 コマツ 日立(非SE) 昭和シェル KDDI 東レ 住友化学 千代田化工 JAL(技術) 富士フイルム 建設技研 日産
[62] 資生堂 ユニチャーム 東邦ガス 地方電力 関電 ファナック 花王 キヤノン DeNA 川崎重工 JFE SCE HP 日本IBM(SE) NTTデータ 三井化学 旭化成 ゼロックス IHI 明治 三菱マテリアル 三菱電機 デンソー
[61] 住友電工 昭和電工 東洋エンジ NTTコミュ 大手ゼネコン 帝人 JSR ソフトバンク ニコン 豊田自動織機 ブリヂストン 東電 住友鉱山 サッポロ 王子製紙 楽天 NRI 日東電工 板硝子 アマゾン LINE 東京エレクトロン ヤフー
[60] NTT東西 古河電工 HOYA ダイキン 日本製紙 コニカミノルタ 富士通(非SE) 住友重機械 カシオ DIC 神戸製鋼 宇部興産 積水化学 マツダ 森永製菓 クラレ 大陽日酸 リコー ソニー パナソニック サイバー GREE

━━━ 一流大手企業(エリート)

[59] エプソン ヤマハ発動機 テルモ DNP 凸版 クボタ 東芝 村田製作所 日立金属 フジクラ 三井金属 三菱瓦斯化学 東ソー カネカ 日立化成 島津製作所 mixi 浜松ホトニクス 日立ハイテク
[58] 富士重工 京セラ オリンパス オムロン NEC アイシン ダンロップ スズキ ブラザー工業 日新製鋼 大同特殊鋼 日本軽金属 日本電気硝子 三菱レイヨン 日本触媒 関西ペイント 日産化学

出典「就職偏差値ランキング委員会ー理系就職偏差値ランキング」:http://jobrankingcommittee.com/contents.php?c0=1&c1=2&c2=2017

引用元の大手就職偏差値掲載サイトである「就職偏差値ランキング委員会」のHPの隅々まで調べたが就職偏差値の定義すら不明であり、その算出方法すら明記されていない。算出根拠としては、年収や高学歴比率、平均勤続年数、3年以内離職率等々が考えられるが、察するにそのような定量的な指標を用いてこの就職偏差値ランキングというものが作成された訳ではなく、主観的な視点や企業に抱くイメージで作成されたものではないだろうか?

しかし、多くの新卒の就職活動生をはじめとして、社会人経験のある転職希望者までもがこのような指標を参考に志望企業を選定する始末である。おそらく、就職偏差値を参考に就職先や転職先を選ぶ人の偏差値は低いのであろう。

また、参考程度に、バブル期における就職偏差値ランキングというものもWeb上に存在したため紹介しよう。就職偏差値ランキングに掲載されている多くの企業が倒産や統合により現時点において存在しない。就職偏差値ランキングを参考にして就職先・転職先を選ぶ行為がどれほど愚かなことかお分かりであろうか?

ちなみに、バブル時代とは、日本における1980年代後半から1990年代初頭の好況期のことであり、就職活動生の奪い合いが企業間で起きていた時代である。優秀な就職活動生の確保のため、大手企業をはじめとして学生への接待行為が多くみられた。

■バブル期の就職偏差値ランキング

70 大蔵省
69 通産省 外務省 日本銀行
68 日本開発銀行 日本興業銀行
67 日本輸出入銀行 日本長期信用銀行 東京銀行 日本電信電話(A採用)
66 住友銀行 富士銀行 フジテレビ 日本国有鉄道 
65 三菱銀行 三和銀行 第一勧業銀行 三井物産 伊藤忠商事 電通
64 三菱信託銀行 三菱地所 三井不動産 東京放送 朝日新聞 三菱商事 丸紅
63 日本債券信用銀行 住友信託銀行 野村證券 農林中金 日本テレビ
62 東京海上 日本生命 三井銀行 NHK テレビ朝日 日商岩井
61 東海銀行 大和証券 安田火災 産経新聞 テレビ東京 読売新聞 日本経済新聞
60 三井信託銀行 日興證券 住友不動産 第一生命 住友商事
59 太陽神戸銀行 安田信託銀行 山一證券 三井海上 毎日新聞 東洋信託銀行
58 住宅金融公庫 シティコープ 住友生命 トーメン 大和銀行 IBM
57 商工中金 ゴールドマンサックス 埼玉協和銀行 中央信託銀行 ニチメン 兼松 ソニー
56 中小企業金融公庫 モルガン銀行 北海道拓殖銀行 国際証券 住友海上 松下電器 新日鉄
55 国民金融公庫 日本電信電話(B採用) 香港上海銀行 ドイツ銀行 メリルリンチ 富士通
54 トヨタ 公務員(国家上級以外) 日本鋼管 川崎製鉄 住友金属 神戸製鋼

出典「就職偏差値ランキングまとめサイト-バブル期の就職偏差値ランキング」:http://jobranking.sakura.ne.jp/joke/bubble.html

また、このような就職偏差値ランキングに載らない企業での優良企業は多数存在する。

以下にその一例を示そう。

■自動車・自動車部品業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

豊田自動織機 マツダ スズキ ヤマハ発動機、いすゞ自動車、トヨタ車体 ダイハツ アイシン精機 三菱自動車 ブリヂストン トヨタ紡織 アイシンAW 日野自動車 関東自動車 日本ガイシ 富士重工業 ボッシュ ジェイテクト 日本精工 住友ゴム 日立製作所オートモティブ 日本特殊陶業 豊田合成 NTN 東海ゴム 富士通テン 三菱ふそう 日産ディーゼル 東海理化 小糸製作所 ユタカ技研 スタンレー電気 横浜ゴム 八千代工業 アイシンAI NOK カルソニックカンセイ ショーワ ケーヒン ジャトコ 産車体 日信工業 デフテック カヤバ工業 住友電装 アルパイン アイシン高丘 矢崎総業 トピー工業 タカタ 愛知製鋼 シマノ アスモ ニッパツ フジオーゼックス 東洋ゴム 市光工業 オーテックジャパン NISMO FCC サンデン テイエステック 豊生ブレーキ 中央発條 シロキ工業 愛三工業 曙ブレーキ ブリヂストンサイクル 山田製作所 光岡自動車 愛知機械 タチエス TRDb日鍛バルブ TGK 日産工機 大豊工業 鬼怒川ゴム ボルグワーナモールステック TRWオートモーテイブ 武蔵精密 プレス工業 太平洋工業 日本デルファイオート 村上開明堂 共和レザー フジユニバンス 河西工業 富士機工 エフテック 山下ゴム エンケイ アイエス精機 豊和繊維工業 飯田ネーム製作所 フタバ産業

■化粧品業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

ライオン J&J カネボウ コーセー ポーラ 小林製薬 マンダム アース製薬 ツムラ ホーユー サンスター メナード シュウ CP ファンケル ウエラ ロート製薬 エステー ミルボン化粧品 アルビオン オルビス ノエビア 白元 ウテナ タカラベルモント マリクワ ソノコ IDA アリミノ キンチョー シャンソン クオレ クラシエHP ナリス ソーマ 牛乳石鹸 アイビー 再春館製薬

■IT業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

NS-SOL 日本HP NTTコミュ NEC NTT米屋 DIR SCSK ITフロンティア JSOL CTC ISID JRI 大和総研BI 東京海上日動システムズ  ニッセイIT MHIR MUIT ABeam 日立ソリュ ソニーGS 日興システム 富士通FIP Fasol デー子上位 日本ユニシス 住信情報 東芝情報 日立システムズ キヤノンソフト キヤノンIT 三井情報 第一生命情報 MS&ADシステムズ パナソニックIS 三菱UFJトラストシステム NKSJシステムズ みずほトラスト 富士通BSC Fsas FJM 三菱総研DCS MDIS 兼松エレ セゾン情報 都築電気 日立情報制御 富士通ウエスト JEIS TIS オービック シンプレクス テクマトリックス 富士通イースト 中央三井IT 明治安田システム オージス総研 TG情報 MIND 農中 NEC-NEXS フコク情報 ワークスアプリケーションズ JRS 全日空システム JTB情報 MDIT コベルコシステム エクサ NEC情報 デー子中位 日立ビジネス NTTソフト IIJ 東芝ソリューションズ NECフィールディング

■食品業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

キッコーマン アサヒビール 明治 江崎グリコ キリンビール 日本ハム 森永乳業 日本コカ・コーラ カルビー 日清製粉グループ本社 ニチレイ サッポロビール 日清オイリオ 不二製油グループ本社 カゴメ 森永製菓 三井製糖 日清食品、ヤクルト本社、日本製粉、雪印メグミルク ハウス食品グループ本社 亀田製菓 コカ・コーライースト(ウエスト)ジャパン J-オイルミルズ フジッコ 理研ビタミン キユーピー 伊藤ハム エバラ食品工業 東洋水産 プリマハム 丸大食品 宝ホールディングス 山崎製パン 伊藤園 サントリービバレッジ

■金融・証券・保険業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

SMTAM 大和住銀投信投資顧問 全銀協 日証協 損保協 日本相互証券 農林中金 損害保険料率算出機構 東京海上日動 三菱UFJ信託 日本生命 東京短資 セントラル短資 上田八木短資 トーア再保険 R&I BTMU(OP) 三井住友海上 JA共済 生保協 信託協 預金保険機構 三井住友信託 JFC SMBC(総合職) 第一生命 プルデンシャル生命 損保ジャパン 信金中金 みずほFG(OP) 商工中金 明治安田生命 全信組連 SBIC 住友生命 かんぽ生命 あいおいニッセイ同和 金融取 地銀協 信用保証協会(首都圏・大都市) 松井証券 マネックス ゆうちょ銀行 野村證券 SMBC日興証券 全労済 Quick 地場証券ディーラー 大和証券 三菱UFJモルガンスタンレー証券 みずほ証券 新生銀行 大同生命 JCB オリックス MUL 横浜銀行 富国生命 りそな銀行 三井住友プライマリー生命 あおぞら銀行 三菱UFJニコス SMFL 静岡銀行 千葉銀行 中央労金 東京海上あんしん生命 三井住友あいおい生命 三井住友カード 福岡銀行 常陽銀行 SMBC信託銀行 京都銀行 朝日生命 太陽生命 三井生命 富士火災 共栄火災 日新火災 城南信金 京都中央信金 SJNKひまわり生命

■商社業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

メタルワン 伊藤忠丸紅鉄鋼 日立ハイテク 長瀬産業 阪和興業 日本紙パルプ 岡谷鋼機 稲畑産業 豊島 兼松 住金物産 岩谷産業 JFE商事 伊藤忠エネクス 西華産業 神鋼商事 日鐵商事 第一実業 瀧定 NI帝人商事 東京産業 内田洋行 三谷商事 都築電機 日本出版販売 守谷商会 新光商事 トーメンデバ 因幡電機 ダイワボウ情報システム 兼松エレクトロ JALUX 日商エレクトロニクス ユアサ商事 原田産業 クラヤ三星堂 菱食 伊藤忠食品 佐鳥電機

■マスコミ・メディア業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

フジテレビ 日テレ 電通 朝日新聞 TBS 読売新聞 日経新聞 講談社 テレ朝 小学館 博報堂 関テレ NHK(記者) 集英社 テレ東 よみうりテレビ 共同通信 朝日放送 文芸春秋 新潮社 毎日放送 東海テレビ CBC マガジンハウス 日経BP 中京テレビ 毎日新聞 テレビ大阪 中日新聞 角川書店 アシェット婦人画報社 ADK 北海道新聞 メーテレ 産経新聞 光文社 時事通信 日刊スポーツ 東洋経済新報社 西日本新聞 リクルート 東スポ スポニチ 報知 共同テレビ 東宝 神戸新聞 河北新報 テレビ愛知 松竹 東急エージェンシー ジャパンタイムズ 東映 大広 信濃毎日 読売広告社 電通テック 宝島社 双葉社 中国新聞 主婦の友社 ギャガ ダイヤモンド社 静岡新聞 主婦と生活社 テレビマンユニオン 徳島新聞 テレビ朝日映像 泉放送制作 東北新社TBSビジョン 札幌テレビ JR東企画 吉本興業 イースト

■公務員関連就職偏差値上位職種一覧

国家Ⅰ種(中堅省庁:総務省・防衛庁・金融庁・会計検査院) 衆議院Ⅰ種 参議院Ⅰ種 国家Ⅰ種(下位省庁:国土交通省・厚生労働省・農林水産省・環境省・文部科学省 国税庁など)  国会図書館Ⅰ種 国家Ⅰ種(法務省 外局・独立行政法人など) 衆・参議院法制局Ⅰ種 裁判所事務Ⅰ種 政策担当秘書 都庁I類A 国会図書館Ⅱ種 衆議院Ⅱ種 参議院Ⅱ種 外務専門職 都庁I類B 労働基準監督官

■不動産業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

東京建物 森トラ新日鉄興和不動産 野村不動産 森ビル NTT都市開発 ダイビル 三井レジデンシャル 平和不動産 安田不動産 サンケイビル 伊藤忠都市開発 日本土地建物(H) 第一ビルディング ザイマックス 三井不動産BM 三菱地所BM 三井不動産販売 三菱地所リアルエステートサービス 東京建物不動産販売 野村不動産アーバンネット 三菱UFJ不動産販売 有楽土地住宅販売 すみしん不動産 小田急不動産 長谷工アーベスト 東急リバブル オークラヤ住宅

■ホテル業界優良企業・就職偏差値上位企業一覧

帝国ホテル ホテルオークラ東京 ホテルニューオータニ 京王プラザホテル パレスホテル リーガロイヤルホテル 全日空ホテルズ 藤田観光 都ホテル JALホテルズ ソラーレホテルズアンドリゾーツ 三井観光開発(現 グランビスタ・ホテル&リゾート) 森観光トラスト プリンスホテル ホテル東急 小田急ホテルズアンドリゾーツ ワシントンホテル ロイヤルパークホテル 阪急ホテルマネジメント

このような議論において、、「何かを否定する場合には代替案を提示する」というのが正しい行為である。

そこで今回は、就職偏差値ランキングの代わりとして、就職・転職各サイトが公開している「人気企業ランキング」を紹介しよう

■転職者が選ぶ人気企業ランキング(DODA)

Team Leader

転職を考え、一通りの転職サイトを調べたことがある読者であれば必ず知っていると思われる大手転職企業「DODA」が作成した「転職者が選ぶ人気企業ランキング」を紹介しよう。

ビジネスパーソン5,000人に「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」というテーマで調査を行っており、上記の「就職偏差値ランキング」とは比較にならないほど根拠が明確で信憑性が高い。

■転職者が選ぶ総合人気企業ランキングTOP50

1 グーグル
2 トヨタ自動車
3 ソニー
4 全日本空輸(ANA)
5 Apple Japan
6 楽天
7 本田技研工業(Honda)
8 資生堂
9 パナソニック
10 電通
11 オリエンタルランド
12 リクルートホールディングス
13 ヤフー
14 東日本旅客鉄道(JR東日本)
15 アマゾン ジャパン
16 日本マイクロソフト
17 三菱商事
18 サントリーホールディングス
19 キーエンス
20 ソフトバンク
21 日本航空(JAL)
22 日立製作所
23 任天堂
24 タニタ
25 東海旅客鉄道(JR東海)
26 味の素
27 武田薬品工業
28 伊藤忠商事
29 デンソー
30 三井物産
31 三菱重工業
32 キヤノン
33 明治
34 三菱東京UFJ銀行
35 未来工業
36 日産自動車
37 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
38 フジテレビジョン
39 花王
40 日本アイ・ビー・エム
41 NTTドコモ
42 カルビー
43 NTTデータ
44 東日本電信電話(NTT東日本)
45 バンダイ
46 マツダ
47 博報堂
48 日本電気(NEC)
49 カゴメ
50 日本テレビ放送網(日テレ)

出典:「DODA-転職人気企業ランキング(総合)」:https://doda.jp/guide/popular/index.html

第一位にはGoogle、第二位にはトヨタ自動車、第三位にはソニーが並んでいる。日本企業のトヨタ自動車を差し置いて、外資のGoogleが人気というのは意外であった

また、ランクインする企業の特徴にBtoCの企業が多い。

このような背景には、次の転職先では自分の業務が世間に影響を与えていることを実感したい、世間で認知度が高い企業に努めたいというような承認欲求が影響しているのだろうか。

次に提示するのは男女別の人気企業ランキングである。

■男性の転職希望者が選ぶ人気企業ランキング

1 トヨタ自動車
2 グーグル
3 ソニー
4 本田技研工業(Honda)
5 Apple Japan
6 パナソニック
7 全日本空輸(ANA)
8 楽天
9 東日本旅客鉄道(JR東日本)
10 電通
11 キーエンス
12 日本マイクロソフト
13 ソフトバンク
14 リクルートホールディングス
15 三菱商事
16 日立製作所
17 ヤフー
18 アマゾンジャパン
19 任天堂
20 三菱重工業
21 東海旅客鉄道(JR東海)
22 サントリーホールディングス
23 キヤノン
24 日産自動車
25 三井物産
26 デンソー
27 未来工業
28 日本航空(JAL)
29 NTTデータ
30 マツダ

出典:「DODA-転職人気企業ランキング(男性)」:https://doda.jp/guide/popular/index.html

調査対象者を男性に限定した場合、第一位にトヨタ自動車、第四位に本田技研工業等、製造業系の企業の順位が上昇している。

製造業はやはり男性の心をくすぐるのであろうか?

あるいは理系出身者のほとんどを男性が占めていることも背景にあるのだろう

■女性の転職希望者が選ぶ人気企業ランキング

1 グーグル
2 トヨタ自動車
3 資生堂
4 オリエンタルランド
5 楽天
6 全日本空輸(ANA)
7 電通
8 リクルートホールディングス
9 タニタ
10 Apple Japan
11 明治
12 日本航空(JAL)
13 ヤフー
14 サントリーホールディングス
15 味の素
16 アマゾンジャパン
17 ソニー
18 パナソニック
19 三菱東京UFJ銀行
20 花王
21 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
22 カルビー
23 クックパッド
24 ベネッセコーポレーション
25 カゴメ
26 本田技研工業(Honda)
27 伊藤忠商事
28 三菱商事
29 武田薬品工業
30 フジテレビジョン

出典:「DODA-転職人気企業ランキング(女性)」:https://doda.jp/guide/popular/index.html

先ほどの男性の人気企業ランキングとは大きく異なり、第一位にGoogle、第二位に資生堂、第四位にオリエンタルランド等、比較的華やかなブランドイメージを持つ企業が並ぶ。BtoCの企業の人気を押し上げているのは女性の転職希望者なのpであろう。

①総合転職人気企業ランキング、②男性転職人気企業ランキング、③女性転職人気企業ランキングといった区切りでランキングを紹介したが詳細は引用元を参照してほしい。

転職者は最低一度は就業経験があり、その点では新卒者よりも企業を評価する能力は高い。転職を希望する方は就職偏差値ランキングよりもこちらのランキングを参考にすべきではないのだろうか?

■転職したくないランキング

no

最後に紹介するのは「転職したくないランキング」である。

非常に刺激的な名称のランキングであるが、これは大手転職サイト「キャリコネ」が作成したものである。

キャリコネが「転職したい企業・転職したくない企業」についてのアンケートを実施し、登録者の回答結果を集計したものが転職したくない企業ランキングということで、明確な根拠があり信憑性は高い。

以下にその一部を紹介しよう。

■転職者が選ぶ転職したくない企業ランキング

1位 ワタミ株式会社
2位 ワタミフードサービス株式会社
3位 株式会社光通信
4位 楽天株式会社
5位 株式会社ゼンショー
6位 株式会社ゼンショーホールディングス
7位 大東建託株式会社
8位 株式会社ユニクロ
9位 株式会社ファーストリテイリング
10位 株式会社モンテローザ
11位 日本マクドナルド株式会社
12位 日本電産株式会社
13位 トランスコスモス株式会社
14位 トヨタ自動車株式会社
15位 株式会社松屋フーズ
16位 ワタミの介護
17位 日本アイ・ビー・エム株式会社
18位 イオン株式会社
19位 株式会社大塚商会
20位 東京電力株式会社
21位 パナソニック株式会社
22位 富士通株式会社
23位 ソフトバンクモバイル株式会社
24位 シャープ株式会社
25位 株式会社電通
26位 株式会社日立製作所
27位 グリー株式会社
28位 アクセンチュア株式会社
29位 横河電機株式会社
30位 株式会社ベイカレント・コンサルティング
31位 株式会社毎日新聞社
32位 日本郵便株式会社
33位 東建コーポレーション株式会社
34位 株式会社ヤマダ電機
35位 大和ハウス工業株式会社
36位 株式会社テクノプロ・エンジニアリング
37位 日本生命保険相互会社
38位 日本オラクル株式会社
39位 株式会社ドン・キホーテ
40位 ノバルティスファーマ株式会社
41位 株式会社三井住友銀行
42位 日本電気株式会社
43位 野村證券株式会社
44位 スカイマーク株式会社
45位 富士通エフサス
46位 ソニー株式会社
47位 ヤマト運輸株式会社
48位 ラ・パルレ
49位 アルプス電気株式会社
50位 株式会社アイエスエフネット

出典:「キャリコネ-転職したくない企業ランキング」:https://careerconnection.jp/job/ranking/total.html?qid=112000

業界としては激務や薄給で知られる飲食やIT、不動産、記入が多く並んでいる。また、年業績が良くないシャープやグリー、不祥事を起こしたワタミや東京電力、電通もランクインしている。

しかし、意外な結果と感じているのは、人気企業ランキングで上位にランクインしていたトヨタ自動車や楽天、日立製作所等が転職したくない企業ランキングでも上位に入っている点である。このように、魅力的に感じる企業・魅力的に感じない企業は人それぞれである。

会社の実業はクローズな情報ではあるが、就職偏差値ランキングという根拠の無いランキングよりも、このような情報を参考にして就職活動・転職活動を成功に導いて欲しい

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。