パナソニック

パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)

パナソニックの強み・特徴・企業研究・評判

パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)は、大阪府に本社を置く大手総合電機メーカーである。パナソニックグループの事業持株会社として、三洋電機・パナホームなどを傘下に持つ。創業者は松下幸之助。37の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社、エコソリューションズ社、AVCネットワークス社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。パナソニック電工の合併および三洋電機を連結対象に収めた現在、「車載設備」・「住宅設備」・「エネルギーマネジメント機器」等を核とした成長戦略を加速させている。パナソニックは、家電製品だけでなく、そこに使われる電子部品、設備機器、システム機器や各種サービス、さらには住宅に至るまで、皆さまのくらしをとりまく幅広い製品やサービスを提供している。特に近年では、パナソニックは「自動車と住宅」のツートップ戦略に取り組んでいる。

パナソニックの創業者として知られる松下幸之助の経営哲学は日本国内の経営者の多くが参考にしている。1894年11月27日、和歌山県生まれ。世界的な総合家電メーカーである「松下電器」を一代で築いた人物として、戦後日本を代表する実業家のひとりに数え上げられる。松下幸之助・青年のころ、大阪では開通したばかりの市電が走っていた。電車が電気によって走るのを見て「これからは電気の時代が来る」と直観し、大阪電灯に見習工として入社した。その後会社を辞め独立。松下電器は、時を経ずに株式会社に改組し、電球や造船、飛行機製造といった関連会社を次々と設立していった。松下幸之助が人を大切にした経営者であったことはよく知られている。たとえば、社員の雇用を守り、適材適所の配置に努め、教育にも熱心だった。

「経営の神様」松下幸之助という人間

パナソニックの特徴①「住宅事業に力を入れている」

パナソニックの成長戦略を担う事業として見逃せないのが、住宅事業である。パナソニックは、創業100周年を迎える2018年度に売上高10兆円を目指している。そのうち、売上高2兆円を占めるのが住宅関連事業だ。津賀社長は、「パナソニックは、家電、設備、住宅事業を合わせ持つ唯一の会社。その技術と知見の掛け合わせで、新しいくらしの価値を提供し、強みを活かす」と語っている。新設住宅の着工件数は、今後も横ばいが見込まれる一方で、リフォーム市場は拡大の様相をみせる。非住宅市場も少子高齢化を背景にして高齢者施設の増加が予測されるなど市場は拡大傾向にある。

パナソニックの特徴②「電気自動車の部品事業に強み」

電気自動車メーカであるテスラモーターズ製の電気自動車(EV)に向けた電池はパナソニック製がほぼ独占しており、テスラモーターズと共同でネバダ州に建設しているバッテリー工場(通称:ギガファクトリー)への投資額が最大16億ドル(約1900億円)になるとの見通しを示している。テスラモーターズはパナソニックや他の戦略的提携先と協力し、革新的な製造方法、廃棄物の削減、そして単純にほとんどの工程を1つの工場内で行うことによる最適化により類を見ない効率化とコスト削減を実現している。ギガファクトリーの規模は他企業の工場を圧倒するものであり、ドローンによるギガファクトリーの全体を撮影した動画は話題を呼んだことで有名。パナソニックは、テスラモーターズの電気自動車に搭載されているリチウムイオンバッテリーの一部を供給している事業パートナーであるために、このギガファクトリーの始動にあたって、数百人規模の社員を派遣することとなっている。

パナソニックは、自動車のコンピューター化と、今後数十年間で予想される根強い小型自動車需要に乗じて自動車部品サプライヤー大手を目指している。バッテリー投資はその一環だ。フランスのボルド­ーで開催された「ITS世界会議ボルドー2015」において、コネクテッドカーならび­にビッグデータを活用したITS(高度道路交通システム)の最新ソリューションを出展­している。400を超える自動車メーカーやサプライヤーが参加した会場で、パナソニッ­クは両カテゴリにおける製品と技術を展示。

当社は1918年の創業以来、事業を通じて世界中の皆様の「くらし」の向上と 社会の発展に貢献することを基本理念とし、あらゆる活動を行ってまいりました。 常に「人」を中心に置き、その「くらし」をみつめ、より良いものにしていく ― それが今も昔も変わらないパナソニックの原点です。 そして今、私たちが目指すのは、お客様にとっての「いいくらし」をあらゆる空間に拡げていくことです。 家の中から、オフィス、店舗、自動車、航空機、さらに街まで、 お客様が活動する様々な空間において、これまでにない新たな価値を生み出してまいります。 お客様一人ひとりをワクワクさせるより良いくらし、より良い世界 ~「A Better Life,A Better World」を追求するために。 パナソニック、攻めます。

情報源: パナソニック(株) - マイナビ

パナソニックの募集職種

【事務系】営業・マーケティング、経理、人事、法務、社内SE/SI、知財、調達等
【技術系】基礎応用研究、開発設計、生産技術、製造技術、社内SE/SI、知財、調達等

パナソニックの年収・平均勤続年数・福利厚生等

平均年収 756.4万円
平均年齢 45.3歳
平均勤続年数 23.3年
従業員数 51308人

※データは有価証券報告書を参照

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。