三菱電機

三菱電機(Mitsubishi Electric Corporation)

三菱電機の強み・特徴・企業研究・評判

三菱電機株式会社(みつびしでんき、英: Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の総合電機メーカーである。三菱電機株式会社は、1921年1月15日、三菱造船(後の三菱重工業)より分離独立するかたちで設立され、三菱財閥の流れを汲む三菱グループに属する。つまり、三菱電機は三菱自動車と同様に、三菱重工業から枝分かれした会社である。2015年現在の企業統治機構は委員会設置会社になっている。エレベーター・エスカレーター、FA(ファクトリーオートメーション)機器、人工衛星、鉄道車両・自動車用電装品、大型映像システム、冷蔵庫、空調機といくつか例を挙げただけでも、三菱電機は幅広い分野で国内だけでなく、世界規模での社会性・公共性の高い事業を展開している。

コーポレートステートメントはCMの最後に必ず流れる「Changes for the Better」。変化を進歩と捉え「常により良いものを目指して変革していく」三菱電機グループの意志を表したものである。エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している。設立当時は神戸市に拠点を置き、名古屋市に本店を置いていたが、1年後に東京都の三菱本館へ移転。

三菱電機の特徴①「強い事業を複数保有していること」

三菱電機の他社にはない特徴・強みは、複数の強い事業を保有し、事業間でシナジー(相乗)効果を生み出していることである。このような取り組みの結果として、2015年4~12月期連結決算では、純利益が1528億円となり過去最高を記録している。この年、はスマートフォン向けのファクトリーオートメーション事業は低迷したが、自動車用機器やエアコンなど他の事業で補える「粘り強い」収益構造が不景気時の抵抗力につながっている。三菱電機の事業は主に以下の5つに分類することができる。

①重電システム部門

タービン発電機、水車発電機、原子力機器、電動機、変圧器、パワーエレクトロニクス機器、遮断器、ガス絶縁開閉装置、開閉制御装置、監視制御・保護システム、大型映像表示装置、車両用電機品、エレベーター、エスカレーター、ビル管理システム等

②産業メカトロニクス部門

プログラマブルコントローラー、インバーター、サーボ、表示器、電動機、ホイスト、電磁開閉器、ノーヒューズ遮断器、漏電遮断器、配電用変圧器、電力量計、無停電電源装置、産業用送風機、数値制御装置、放電加工機、レーザー加工機、産業用ロボット等

③情報通信システム部門

無線通信機器、有線通信機器、監視カメラシステム、衛星通信装置、人工衛星、レーダー装置、アンテナ、射撃管制装置、放送機器、ネットワークセキュリティーシステム、情報システム関連機器及びシステムインテグレーション等

④電子デバイス部門

パワーモジュール、高周波素子、光素子、液晶表示装置等

⑤家庭電器部門

液晶テレビ、ルームエアコン、パッケージエアコン、冷蔵庫、扇風機、換気扇、太陽光発電システム、電気温水器、LEDランプ、除湿機、空気清浄機、掃除機、ジャー炊飯器、レンジグリル、IHクッキングヒーター等

三菱電機の特徴②

三菱電機は、国産の人工衛星のほとんどに携わっている。更に、宇宙探査機との交信に使用される大型アンテナや国立天文台の電波望遠鏡を製造。国際宇宙ステーションへの補給物資を運搬するHTVの電気モジュールも担当した実績がある。人工衛星に関しては、日本企業が保有する初の国産商業衛星となったスーパーバードC2や運輸多目的衛星ひまわり7号や静止地球環境観測衛星ひまわり8号および同ひまわり9号を製造している。

三菱電機 人工衛星 準天頂衛星初号機「みちびき」(1/48 モデルスケール)

コミュニケーションインフラを担う「通信・放送衛星」、気象や災害予防に役立てる「地球観測衛星」、将来の宇宙技術獲得のための「技術試験衛星」、高精度の位置情報検出を目的とした「測位衛星」、太陽系や宇宙の謎を解き明かしサイエンスの発展に貢献する「科学衛星」、国際宇宙ステーションの日本モジュールやステーションへの物資補給機など、幅広い分野での技術提供で世界の宇宙事業に貢献している。

三菱電機は世界規模の社会課題へ挑戦を続ける。

創業は1921年。以来、発電・送電・水道・通信・交通など様々なインフラづくりに関わり、社会の心臓部分に機能してきた三菱電機。コーポレートステートメント“Changes for the Better”の理念の下、変革を続けることで、新たな価値を生み出してきました。そして現在、社会の発展と共に地球温暖化やエネルギー問題など、新たな課題も生まれています。社会のコアな部分を支えてきた三菱電機だからこそ、やらなければならないことがある。先進性と品質が世界で評価され、35カ国、12万人以上に拡大したネットワーク。今日よりももっと素晴らしい明日のために、私たちはこれからも挑み続けます。

情報源: 三菱電機(株) - マイナビ

三菱電機の年収・平均勤続年数・福利厚生等

平均年収 778.3万円
平均年齢 40.3歳
平均勤続年数 16.9年
従業員数 32534人

※データは有価証券報告書を参照

逃げられない大リストラ時代の到来

日本の古き良き終身雇用制度は既に崩壊しました。以下に示す表は東洋経済が発表した「過去5年間で従業員を減らした企業ランキング」です。その中でも、ソニー、日立製作所、NEC、パナソニック、かつては定年まで安泰と信じられていた企業の代表格の東京電力がランクインしています。

企業名リストラ人員削減人数
NEC(日本電気)42,413名
日立製作所41,071名
ソニー30,400名
パナソニック20,461名
東京電力
6,662名

■いつか来る転職に備えて自分の市場価値を理解しておくことが安心に繋がる時代

長年に渡り業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。最近では、特に転職する強い意志が無い場合でも自分の転職市場価値を知るため、保身の一環として数社の転職サービスを利用する人が増加しています。特に評判が高いサービスは、下記の四つです。

 ● リクナビNEXT

大手リクルートが運営する転職サービスです。公開求人数、利用者数が圧倒的に多いです。

 ● JACリクルートメント

他社サービスでは見つからない独自案件が非常に多いことで有名です。

 ● キャリア転職サイト@type

大企業や外資系、地元優良企業など高年収の案件に強みがあります。

 ● マイナビエージェント

マイナビが運営する日本最大級の転職サイト。プロによる「転職悩み相談のサービス」が評判。

「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。常に自分の市場価値を把握すると同時に、どの程度の待遇の転職案件が世間には存在するのかということを常に把握しておくことが、これからの終身雇用が崩壊した現代では重要となってくるでしょう。

有名企業転職データベース

データベース

有名企業の平均年収・福利厚生・平均勤続年数などの情報をご提供します。これらは転職の判断を行う上で重要な指標となります。転職希望者は必見です。

大企業リストラ・赤字情報データベース

大企業リストラ情報データベース

リストラに関する多様な話題や情報を随時更新しています。大企業に入社できれば明るい将来が保証されているという時代は終わりました。将来の経済動向を予測するための経済情報をお送りします。

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

転職・資格・スキル関連の記事情報データベース

資格は数え切れないほど存在しますが転職時に有利に作用するものは限られています。実績や経験も要求されることがほとんどです。読者のキャリアデザインの糧となる情報をお送りします。